パワートレーニング・トレーニング方法 思考・考え方 機材・道具

ローラー台の最適な負荷は?(GTローラーを例に)

投稿日:

プロ選手・アマチュア選手問わず、レースを走られる方々は例外を除き大抵の場合は雨でもレースは行われます。

その様なことを考えると、もちろん雨の日にもトレーニング・練習を行った方がいいとも考えられます。その理由としては、路面がウェット(濡れている)な状態ではタイヤの空気圧を始め、晴れの日と雨の日の気温が同じだとしても服装が異なったりするからです。なので自分に合った雨対策を行える様になるには実際に雨の日にも走る必要が出てきます。
しかし雨の日に走ることは、晴れの日と同じトレーニング時間・強度で走ったと仮定しても疲労感は雨の日の方がはるかに高く僕は感じます。特に今の季節は気温が低いです。そんな気温の低い雨の中トレーニングに出かけるのは覚悟が必要になりますよね?

そんな今の季節で悪天候な時こそ「ローラー台」でのトレーニングが有効になってくると思います。
僕自身は自宅でローラートレーニングを行う様に、約4年前に自分で購入して今日まで使用していたローラーがこちらです。ちなみにこのローラーに落ち着くまで5台以上の多くのローラーを試してきました。。。


グロータック (GROWTAC) GT-Roller F3.2 トレーニングマシーン (12クイックリリース/15mmスルーアクスル対応)

そして今年から遂にGROWTAC(グロータック)様にサポート選手としてサポートしていただける様になりました。ありがたいことです。

また最近ではこのローラーに限らず、各メーカーのローラー台でも負荷調節できる物がほとんどかと思います。その負荷を皆様はどのくらいで?何を基準に決めていますか?
あくまで実走で速く走るためのトレーニングでローラー台に乗っている場合に、パワーが200w未満でスピードが40km近くの場合は明らかに実走とはかけ離れていますよね?

ここからは僕自身が「GTローラー」を例に書きたいと思います。
僕はローラー台の上でトレーニングを行う際にもできるだけ実走に近いフィーリングを求めます。

その際に「パワー計」と「後輪(ハブ)で速度計測が可能なセンサー」が必須になりますが、以下の数値で負荷を合わせています。

パワーが「200w〜220w」

スピードが「26km〜27km」

パワーとスピードがこれぐらいに収まる負荷で僕自身はローラー台の上でトレーニングを行なっています。これが絶対正しいわけではありません。

同じローラーを始め、他社のローラーをお使いの方も参考にしてみて下さい。

 

 

-パワートレーニング・トレーニング方法, 思考・考え方, 機材・道具

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

(事故・転倒・落車)を事前に防ぐための対策。

自転車は前後に車輪がついた乗り物で、ライダーが常時バランスを取っている乗り物の1つです。 なので転倒・落車は防ぐことができません。 自転車ロードレース・サイクリングを趣味に行なわれている方は、最近のち …

気温が高い時の対策。

日本全国的にどんどん夏に向かってきているので気温が高くなってきています。 しかし昼間のほぼ夏の気温や天候に対して、早朝や夜は極端に気温が下がったりしているので体調を崩さないように気をつけないといけませ …

今の実力を最大限レースで活かす為には

自転車ロードバイクで普段からトレーニングをされている選手や、特に普段のトレーニングも集団で走る環境があって走られている方は、人の後ろで走った際に前を走っている選手が風よけとなり少ない力で走ることができ …

パワーメーター・ペダリングモニターをコンディションにキープに使う。

色々なメーカーから「パワーメーター」がラインナップされてきている中で、チームの「サプライヤー様」である「パイオニア」の「ペダリングモニター(パワーメーター)」の強みは、他のメーカーには表示されない、「 …

機材のこだわり(宇都宮ブリッツェン 阿部嵩之 選手編)

今日は自動車レース場である、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で「第5回もてぎ7hエンデューロ GW 2017」が開催され各レースの先導を行ってきました。 今回この大会では、マトリックスチームだけでなく「 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう