機材・道具

(グローブ・アンダーウエアー)のこだわり。

投稿日:2017年3月29日 更新日:

今週末にせまった「ツール・ド・とちぎ」は気温が低いことが予想されます。
レースではどうしても速く走ることを優先します。そうなると風の抵抗を少しでも軽減するためにレースウエアーは薄着になってしまいます。
今回「ツール・ド・とちぎ」では10度前後が予想されます。
そんな気温が低いレースで僕自身は「グローブ・アンダーウエアー」にこだわりを持っています。

まずは「グローブ」ですが今回の遠征だけでもこれだけ用意します。

左から順番に、気温が低い〜気温が高いに対応します。
ヘルメットメーカーで有名で、チームのスポンサーでもある「OGK Kabuto」はヘルメットだけでなくバーテープやグローブもラインナップがあり、選手の中でもグローブは高評価の商品が多いです。

中でも写真の左から2番目のこちらのモデルは過去最高の長グローブです。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) SFG-1 [スマートフォン対応 春秋グローブ] フリース素材 ブラック L SFG-1
この商品の推奨温度は10〜15度となっていますが、5度まで僕は使用しても問題なく使用することができました。

自転車競技では落車はいつどんな時に起こるかわかりません。その予防としてプロ選手や一般選手もヘルメットをかぶっていると思います。グローブも僕はヘルメットと同じ対策で着用しています。
夏用・冬用グローブの両方に求めるのが「素手に近い感覚」です。冬用グローブで今までで1番素手に近いグローブです。
今回の「ツール・ド・とちぎ」でもこのグローグを使用する頻度が高いんではないかと予想しています。

続いては「アンダーウエアー」です。

こちらも左から順番に気温が低いに対応します。
チームのレースウエアーは「パールイズミ」ですが「アンダーウエアー」は「SIXS」というメーカーからサポートされています。気温・天気に応じてその時に最適な「アンダーウエアー」を選びます。

写真の左から2枚は「パールイズミ」の商品です。「パールイズミ」は日本のメーカーですが、同じ「パールイズ」でも海外にしかラインナップのない商品があります。
なのでこの2枚の「アンダーウエアー」はヨーロッパ遠征した時に買いました。

特に1番左の商品は寒いレース時に冷やしたくない胸からお腹にかけては、風をブロックできるように、ゴアテックスのような生地になっています。

「サプライヤー・スポンサー」様からサポートしてもらっている商品も引き続き紹介していきます。
またプロ選手が自腹で使用したい商品も皆さんに知ってもらいたいと考えていますので引き続き、応援よろしくお願いします。

-機材・道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自転車フレームの重量に対する剛性。

基本的にレースに出場するには、自転車ロードバイクの総重量を「6.8kg」に仕上げる必要があります。 これは世界的に有名な自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」や「オリンピック」などでも同じルールが …

チーム合宿スタートしました。(合宿1日目)

これから始める大きなレースへ向けてチーム合宿が今日から始まります。 場所は今年3回目となる鹿児島県鹿屋市です。 もう5月になりますが、今年は約1か月は鹿児島にいるのではないでしょうか? 合宿初日の今日 …

気温が高い時の対策。

日本全国的にどんどん夏に向かってきているので気温が高くなってきています。 しかし昼間のほぼ夏の気温や天候に対して、早朝や夜は極端に気温が下がったりしているので体調を崩さないように気をつけないといけませ …

高価な補給食。

「自転車ロードレース」に限らず「トライアスロン」や「マラソン」などの有酸素運動では、他の競技とは異なり競技時間が長いことがほとんどです。そうなると競技中に水分補給を行うことは、自分の運動パフォーマンス …

(事故・転倒・落車)を事前に防ぐための対策。

自転車は前後に車輪がついた乗り物で、ライダーが常時バランスを取っている乗り物の1つです。 なので転倒・落車は防ぐことができません。 自転車ロードレース・サイクリングを趣味に行なわれている方は、最近のち …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう