機材・道具

(サドル高さ・サドル前後位置・サドル角度)調節の仕方。

投稿日:2017年3月28日 更新日:

自転車ロードバイクのポジションを出して行く際に、ほとんどの場合がサドルの「高さ・前後位置」を決めていくことが多いです。
僕自身も毎年自転車を乗り換えます。そしてスペアバイクも用意されます。
僕の場合はトレーニングバイクとレースバイクは同じで、別にスペアバイクがあります。
選手やチームによってはトレーニングバイクとレースバイクが別々の選手やチームもあります。
そうなるとサドル周りやハンドル周りの他にも、1ミリ単位でズレのない全く同じポジションの自転車を完成させないといけません。

基本的にはチームのメカニックが選手全員のスケルトン(各ポジションの数値)を把握していますので1台は自分でポジションを出す必要がありますが、僕の場合は時間が無い時にはメカニックに任せますが、時間がある時には自分で調節します。

そんな今日は今週末からの「ツール・ド・とちぎ」に向けてスペアバイクのサドル周りのポジションをレースバイクと全く同じポジションにしました。

こちらのブログ」では「サドルの高さ」をメジャーを使い説明しましたが、今日はこんな測定器を使います。

こちらの測定器は「ホビーレーサーの甲子園」と呼ばれている「ツール・ド・おきなわ」の市民210kmクラスで4勝している「高岡亮寛」選手が使われているのを見て直接聞き教えてもらった商品です。
この測定器を使うことで「サドルの高さ」を同じにします。

サドルの前後位置(後退幅)はこんな測定器を使います。
はじめに「BB」に測定器をセットします。

真上から見た写真がこちらです。

サドルの「セットバック距離」や「後退幅」とは
「BB」の中心からサドルの先端までの距離を言います。この測定器はスペアバイクを作る際や、一般レーサーではフレームを乗り換える時などに短時間で確実にサドル「後退幅」のポジションを出すことができます。

「サドルの高さ」や「後退幅」は測定する時に忘れてはいけないのが、常にサドルを水平にまたは、自分のサドル角度に調節しておく必要があります。サドルの角度でサドルのモデルによっては「サドルの高さ」「後退幅」がズレることがありますの注意が必要になります。

写真のような水平器を使用します。


僕自身はサドル全体に水平器をセットし写真のように測定しますので、サドルより大きい水平器を使用します。
35センチ〜40センチの水平器をお勧めします。


ムラテックKDS アルミレベル標準40 PRO SL-40N

以上が僕自身が実際に行っているサドルのポジションを出す時のやり方です。

-機材・道具
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

トレーニング中の小銭&携帯電話のケース

レースや室内で行うトレーニングの際には必要ないですが、普段屋外へトレーニングされる際には「サドルバック」とは別に「小銭と携帯電話」も必須ではないかと思います。 また「小銭と携帯電話」も僕自身を含め、今 …

レース前日の過ごし方。(ツール・ド・とちぎ編)

自転車選手に限らず、スポーツ選手は自分の住んでいる地域でレースや試合が行われない場合は、移動することになります。 その移動も海外遠征になると10時間以上の移動や、国内でも今回の場合は車移動でしたので約 …

チーム合宿スタートしました。(合宿1日目)

これから始める大きなレースへ向けてチーム合宿が今日から始まります。 場所は今年3回目となる鹿児島県鹿屋市です。 もう5月になりますが、今年は約1か月は鹿児島にいるのではないでしょうか? 合宿初日の今日 …

高価な補給食。

「自転車ロードレース」に限らず「トライアスロン」や「マラソン」などの有酸素運動では、他の競技とは異なり競技時間が長いことがほとんどです。そうなると競技中に水分補給を行うことは、自分の運動パフォーマンス …

サドルバックの中身。

合宿・トレーニングキャンプではスタッフがサポートカーを運転しトレーニングの伴走・サポートを行ってくれます。そのサポートカーの中にはパンクした際の予備の車輪(ホイール)や補給食・ドリンクなどが用意されて …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう