ブログ

ロードバイクのセッティングやフレームサイズを選ぶ際の注意点。

投稿日:

ロードバイクのポジションのセッティングは自転車選手にとって重要です。
基本的には「27インチ」の自転車ロードバイクに乗られている方が多いと思います。
そんな自転車には「24インチ」・「26インチ」・「27インチ」とサイズが分けられています。そのサイズはホイールの外径のサイズによって分けられています。
ロードバイクを買う際にも「27インチ」のロードバイクの中で最適な自転車フレームのサイズを選ぶ必要があります。
そんなフレームサイズの選択に失敗してしまうと、最悪の場合は自転車にまたがることも困難な場合も出てきます。
また自転車ロードバイクではフレームサイズ以外にも「クランクの長さ」・「ハンドル幅」・「ギアの歯数」など他にも多く自分にあったパーツを選ぶ必要があります。

ちなみにこちらが僕の現時点で乗っているレースバイクになります。

フォーカスのフラッグシップモデルである「FOCUS IZALCO MAX」です。
ハンドルがすごく低く見えますが
サドルのテッペンからハンドルバー中心を計測したハンドル落差は9.5センチです。

僕の身長は174センチです。
フレームサイズは520ミリを選んでいます。フレームサイズとは以下の写真の「シートチューブ」の長さになります。

フレームサイズを自分に合わない大きいサイズを選んでしまうと、サドルの高さの調整幅が狭くなります。フレームサイズの場合は大は小を兼ねませんので注意が必要です。

僕自身の場合ですが、フレームサイズを選ぶ際に1番重要にしている長さが以下の写真の「トップチューブ」の長さです。

ハンドルの距離や高さを調節している「ステム」のサイズは僕はハンドリングなどのフィーリング(感覚)から110〜120ミリのステムを使用するようにフレームサイズを選んでいます。
「ヘッドアングル」や「シートアングル」などの角度も影響しますが、おおよその「ステム」の長さはこの「トップチューブ」の長さが重要になります。

次にフレームサイズを決める際に僕が重要にしているのが「ヘッドチューブ」の長さです。

写真の緑枠が「ヘッドチューブ」の長さになります。この「ヘッドチューブ」の長さでハンドルの高さの調整幅が決まります。しかし各社この写真の水色の「BB」(ボトムブラケット)から地面の距離が異なります。サドルの高さも「BB」を中心に計測するため、「BB」の高さが変わるとハンドルの高さが変わるのも理解できると思います。

簡単にでしかが、フレームサイズを選ぶ際には自分の使いたい「ステム」の長さを決め、次に「トップチューブ」と「ヘッドチューブ」の長さやバランスを確認し「フレームサイズ」・「シートシューブ」を確認し決定します。

全て僕のフレームサイズの選び方ですので、使えそうなことは参考にしてみてください!

-ブログ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

空気圧計の紹介。

今日から日本一を決める大会の「全日本選手権」が始まりました。チームそして僕自身も青森県の八戸市に到着しています。 そんな今日は、「個人TT(タイムトライアル)」が開催されました。 チームからは「TT」 …

ツール・ド・とちぎ 第2ステージ(レースレポート)

日程   :2017/4/1 レース名 :ツール・ド・とちぎ 第2ステージ カテゴリー:UCI2.2 距離   :102.3km 平均速度 :41.4km 結果   :ステージ16位 総合49位 ーー …

コーナリングについて。

コーナリングする際に自動車やバイク(単車)と自転車ロードバイクが大きく違うところは「サスペンション」が有る・無いという所が異なるポイントの1つです。 「サスペンション」が有る・無いに限らず、コーナリン …

柔軟性の必要性

2018年になり正式に「NIPPO-Vini Fantini-Europa Ovini」の選手の一員となりました。そして今はイタリアへきています。 イタリアでチーム発表を行った後に、スペインのカルぺま …

移籍します。

このタイミングを待っていたわけではありませんが、このブログを再開させると同時に皆様に報告があります。 昨日、各方面で発表がありました。 僕、吉田隼人は「プロコンチネンタルチーム」の「NIPPO VIN …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう