ブログ

自転車フレームのワランティ。

投稿日:2017年3月3日 更新日:

自転車競技といえばロードレースや競輪など色々な種目があります。

数年前までは日本で自転車をしていると言うと、ほとんどの人に競輪選手?と言われることが多かったですが、今では「弱虫ペダル」の影響か?ロードレースと言ってくれる人も出てきて嬉しく思います。

そんな自転車競技では避けることのできない落車・転倒は、時には自分の身体を骨折や擦過傷で苦しめます。
またそれだけではなく落車の仕方では、自転車フレームが割れてしまうこと破損することも多々あります。
今となっては自転車が走れない状態にまで破損した際にもチームが自分のスペアバイクを用意してくれていますので安心です。

小学3年生でロードレーサーに乗り自転車レースに出場し、高校生から「INTER MAX」様にフレームをサポートしてもらうまでは数台自転車を乗り換えてきています。
自転車競技はレース・トレーニングでも落車のリスクがあり、フレームが破損してしまうリスクは避けれません。

サイクルショップで自転車を購入された際に、フレームやパーツには保証が付いていますがそれらは本来レース・トレーニング中のトラブル、落車は対象外ですが今回「ORBEA」がワランティ(保証)があるのを知りブログを書きたくなりました。

画像は「ポディウム」様からです。
簡単に説明をさせていただきます。

*画像なのでページには飛びません。



トレーニングはもちろんレースで落車した際にも保証を受けることができ、飛行機など海外遠征へツールド沖縄へ行く際などの輪行時の破損まで保証適応とはかなりの強い味方ですね。

ワランティ(保証)を受けるには各費用がかかりますが、またこの「ORBEA」のワランティの面白いところがフレームを破損してワランティを受ける際、フレームのグレードを選べるというところだと思います。ワランティを受ける際にその時乗っているフレームがトップグレードじゃなかったので、新しいフレームを買うよりはるかに低コストでトップグレードに乗り換えることが可能ということです。

実業団レースを走る人にも、もちろんですがオススメしますが
今回自分が力説させていただいたのは、自分みたいな小学生からロードバイクに乗って将来プロを目指すには親御さんの支援がないと競技を行えません。
なので今回のようなワランティに入り機材、フレームが破損した際も低コストで自転車競技を続けてもらいたいという思いで紹介させていただきました。

-ブログ
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

レース中の自転車の整備

自転車ロードレースは機材スポーツです。 ロードレースには1日で勝敗の決まるレースの「ワンデイレース」や先日の「TOJ」(ツアーオブジャパン)・「ツールド熊野」などの「ステージレース」があります。 基本 …

ツール・ド・とちぎ 第3ステージ(レースレポート)

日程   :2017/4/2 レース名 :ツール・ド・とちぎ 第3ステージ カテゴリー:UCI2.2 距離   :103.5km 平均速度 :42.8km 結果   :ステージ12位 総合34位 ーー …

ツール・ド・とちぎ 第1ステージ(レースレポート)

日程   :2017/3/31 レース名 :ツール・ド・とちぎ 第1ステージ カテゴリー:UCI2.2 距離   :115km 平均速度 :46.7km 結果   :ステージ61位 総合62位 ーーー …

レース前日の過ごし方。(JBCF宇都宮クリテリウム編)

明日の開幕戦へ向けて今日は大移動してきました。 大阪から宇都宮までは、途中のサービスエリアなどで休憩を挟みながら約7時間ほどをかけて移動してきました。 そんな長時間の移動の敵は浮腫(むくみ)です。 長 …

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。