ブログ

プロ選手は何台の自転車で1シーズンを走っているのか?(NIPPO 編)

投稿日:

僕自身、現在所属チーム(NIPPO VINIFANTINI FAIZANE)に加入するまでは、「メインバイク1台」・「スペアバイク1台」・「TTバイク1台」の「合計3台」で1シーズン走ってきました。またそれが僕自身の中で普通でした。

今までは国内レースメインだったのに対し、チームNIPPOで出場するレースは日本国内は年間数レース、シーズンの9割以上のレースが海外でのレースとなり、日本と海外を行ったり来たりの生活です。多い時には1ヶ月にヨーロッパ〜日本へと2往復することもあります。その都度自転車を運んでいては、移動中にロストバゲージするリスクや、自転車は大きい荷物なので運ぶこと自体が、選手の負担となる時があります。

そのようなこともチームが選手に対して考慮してくれて、チームNIPPOでは「日本国内トレーニングバイク1台」・「ヨーロッパトレーニングバイク1台」・「レースバイク1台」・「スペアバイク1台」・「TTバイク1台」と「合計5台」体制となっています。

こちらの写真は、値段もブッ飛んでいてカッコイイ「TTバイク」です。が、今シーズンは1回しか僕は乗っていません。。。年間スケジュールによっては、こうなってしまうこともあります。

今はもう慣れましたが、トレーニングとレースでは自転車自体が異なります。その為フレームサイズはもちろんサドル高を含め完璧にサイズを同じにする必要があります。ヨーロッパプロチームでは、選手はトレーニングとレースの自転車が異なる場合が多いです。その理由としては、チーム専属のメカニックがレースバイクを管理しています。

選手はレース数日前にチームと合流し、レースに必要な荷物が入ったスーツケース1つ持ってチームに合流するスタイルがベーシックだからと考えます。

そのようなスタイルがベーシックな為、以下写真の機械にセットし各選手のポジションを数ミリの狂いもなく合わせます。またこの機械は各ヨーロッパプロチーム全く同じ機械を持っていることが多いです。選手が移籍した際にも助かりそうですね。

このようなスタイルでシーズンを消化して行くので、シーズン初めに決めたポジションで走り抜く必要があります。もし1つポジションを変更してしまうと残り数台全て変更する必要があるからです。

僕自身は、かなりポジションを触らない選手ですが、それでも以前少し気になるところがあると、ポジションを触るとこがありましたが今はゼロです。

僕自身の今までの経験と考えになりますが、自転車に乗っていて身体のどこかに痛みが出る場合にはポジションの変更が必要になると思いますが、シーズン中に答えの無い「サドル高」・「ステム長」・「クランク長」などなどを試したくなる理由は十分に痛いほどわかりますが、答えが無い・試したいだけの場合には、そのようなことをしても「FTP」が上がったや、強くなった選手を僕は見たことがありません。ポジションを触っていると意外と時間が経っていますよね?

その時間を身体の回復やウェイトトレーニングに当てたほうが強くなると思います。

 

 

-ブログ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

自転車フレームのワランティ。

自転車競技といえばロードレースや競輪など色々な種目があります。 数年前までは日本で自転車をしていると言うと、ほとんどの人に競輪選手?と言われることが多かったですが、今では「弱虫ペダル」の影響か?ロード …

ダンシング時に意識していること。

自転車ロードレースに限らず、ロードバイク・MTB(マウンテンバイク)・街乗りバイクなど他にも色々な自転車がある中で、全ての自転車にシッティングというサドルに座って乗る乗り方と、ダンシングという立ち漕ぎ …

コーナリングについて。

コーナリングする際に自動車やバイク(単車)と自転車ロードバイクが大きく違うところは「サスペンション」が有る・無いという所が異なるポイントの1つです。 「サスペンション」が有る・無いに限らず、コーナリン …

チームカーの役割。

僕たちが乗っているロードバイクは、レースのルールにあるように ロードバイクの総重量が「6.8kg」以上でないといけません。 ロードレースの場合は、「平坦・上り坂・下り坂・アップダウン」など様々な起伏の …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう