ブログ

自転車ロードレースはチーム競技なのか?

投稿日:

サッカーでは1チーム11人で競技を行いますし、野球では1チーム9人で試合を行います。その他のチーム競技もそれぞれ1チームが試合に出場できる人数は決まっています。
サッカーも野球もその他のチーム競技では1人でも欠けると戦力が落ちることがイメージできると思います。

自転車ロードレースもチーム競技なの?と聞かれることがあります。
一般レーサーは異なる部分がありますが、基本的には自転車ロードレースはチーム競技です。
先日行われた「ツール・ド・とちぎ」では1チームから最大で6人出走が可能で、JPROツアーでは8人がレースを出走することができます。サッカーや野球と同じく1人でも欠けると戦力が落ちます。
また1人でも選手が欠けると戦力が落ちてしまうようなチームを作る必要があると思います。

選手の体調や、コースを考えた時にチーム内で最も勝率の高い選手をエースとし、その他の選手はエースが勝てるようにアシストします。また自転車ロードレースはレース展開によってその日エースが変わることもあります。
先日の「ツール・ド・とちぎ」では「勝ち逃げ」が全3ステージ中、2ステージが「勝ち逃げ」ができました。
その「勝ち逃げ」の中にチームのエースがいない場合は、その「勝ち逃げ」に入ったチームメイトの中からさらにエースを決めて勝負することもあります。

アシスト選手も色々な、アシストの方法があります。
チームメイトのボトル(水)を運んだり、エースが極力風に当たらないようにアシスト選手が自ら風よけにならないといけない場合もあります。また写真は去年の「JAPAN CUP」の写真です。

この日のエースは「ホセ選手」でした。
レース中に「ホセ選手」が乗る自転車のギアがトラブルで動かなくなった際に、身長もポジッションも1番近い「アイラン選手」が自ら自分の自転車を渡している時の写真です。
この後も、ホセ選手はゴールすることができましたが、「アイラン選手」はリタイヤになっています。

今年初戦の「宇都宮クリテリウム」では僕がエースを任せられ、僕以外の選手は僕を勝たせるために終始レースを進めてくれました。チームメイトに終始守られながら走ることができたので勝つことができました。
この写真は、僕がゴールする前にチームメイトがこの日の勝利を確信し、僕よりも早く「ガッツポーズ」で自分のことのように喜んでくれています。

この2枚の写真からも自転車ロードレースはチーム競技というのがわかってもらえると思います。
自分がエースを任された際は確実に勝ち、アシストを任された際にはその日チームから優勝者が出るように走ります。

-ブログ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

空気圧計の紹介。

今日から日本一を決める大会の「全日本選手権」が始まりました。チームそして僕自身も青森県の八戸市に到着しています。 そんな今日は、「個人TT(タイムトライアル)」が開催されました。 チームからは「TT」 …

コーナリングについて。

コーナリングする際に自動車やバイク(単車)と自転車ロードバイクが大きく違うところは「サスペンション」が有る・無いという所が異なるポイントの1つです。 「サスペンション」が有る・無いに限らず、コーナリン …

今週末はシマノ鈴鹿!

「JPROツアー」を中心に活動しているチームのほとんどは、ここ約1か月間レースがなかった為に各選手休息や、トレーニングを行って過ごしていたと思います。 そんな約1か月のレースの無い日を過ごしてきました …

プロテインを摂取するタイミングを考える。

2020年に入り既にシーズンインしているチームが多くある中、「Team MATRIX POWERTAG」では初戦までまだ余裕があるので、今年2回目のトレーニングキャンプ(合宿)を終えました。初戦のレー …

クリート位置・クリートフィッティングについて

これから自転車ロードバイクを趣味で始めようとしている方から、既に趣味としてレースも楽しまれている方、プロ選手も含めて「ポジション」は自転車乗りの永遠のテーマであり、悩みでもあると思います。 そんな中で …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう