ブログ

コーナリングについて。

投稿日:

コーナリングする際に自動車やバイク(単車)と自転車ロードバイクが大きく違うところは「サスペンション」が有る・無いという所が異なるポイントの1つです。
「サスペンション」が有る・無いに限らず、コーナリングをする前には適正な減速が必要です。その減速をした際に「サスペンション」が無い自転車ロードバイクでは直ぐにタイヤに重み(負担)が掛かってしまいます。そのタイヤに対する重み(負担)が大きすぎると落車につながります。直線で減速した場合にタイヤに重み(負担)が掛かっても落車する確率は低いです。しかしコーナリング中に減速・ブレーキをかけるとタイヤに重み(負担)が掛かり、タイヤがその負担(重み)に耐えれなくなるとグリップを失い落車につながります。
なのでコーナリング中に、ブレーキをかけることは危険ということがわかってもらえると思います。

またコーナリングはコース取りも大切です。
「アウト・イン・アウト」という言葉を聞いたことがあると思います。初めの「アウト」はコーナー手前を意味します。次の「イン」はコーナリング中を意味し、最後の「アウト」はコーナー出口を意味します。
僕はそれが全てだと思います。コーナリングを苦手としている選手のほとんどが「イン・イン・アウト」というコース取りを走ってしまい、コーナー出口で「アウト」に膨らみすぎ曲がりきれずコーナリング途中に減速し、タイヤに負担(重み)が過剰に掛かりグリップを失いやすくなるケースが多いです。
コーナリングを苦手としている選手は目線も下すぎることが多いです。
僕の場合ですが、目線は基本的には自分の行きたい・取りたいラインのできるだけ遠くを見るようにしています。

また自転車ロードバイクの場合、絶対にコーナリンング中に忘れてはいけないことがあります。
左コーナーを例に挙げると、左コーナーでは右足・右ペダルを踏み込んだ状態で曲がり続ける必要があります。
理由は、左コーナーで左足・左のペダルを踏み込んだままコーナーを曲がると自転車の倒す角度にもよりますが、地面にペダルが干渉し落車につながります。

僕自身の感覚もたくさん入っていますので、これらが絶対に正しいわけではありませんが皆さんの参考になればと思います。

-ブログ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

チームカーの役割。

僕たちが乗っているロードバイクは、レースのルールにあるように ロードバイクの総重量が「6.8kg」以上でないといけません。 ロードレースの場合は、「平坦・上り坂・下り坂・アップダウン」など様々な起伏の …

ツール・ド・とちぎ 第2ステージ(レースレポート)

日程   :2017/4/1 レース名 :ツール・ド・とちぎ 第2ステージ カテゴリー:UCI2.2 距離   :102.3km 平均速度 :41.4km 結果   :ステージ16位 総合49位 ーー …

自転車のギア(ギアレシオについて)

僕が今乗っている自転車ロードバイクのギアはフロント2段変速です。 リアに関しては11段変速なので22段変速の自転車ロードバイクに乗っています。 フロント2段のギアは、アウターというフロントの重たいギア …

今週末はシマノ鈴鹿!

「JPROツアー」を中心に活動しているチームのほとんどは、ここ約1か月間レースがなかった為に各選手休息や、トレーニングを行って過ごしていたと思います。 そんな約1か月のレースの無い日を過ごしてきました …

「ステージレース」とは?

3月18・19日は宇都宮で開幕戦を迎えました。 この2日間はハードなレースで肉体的にも疲労しましたが、精神面での疲労の方が今は大きいように思います。 久々のレースでしたので集団内での走り方やレースの進 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう