ブログ

コーナリングについて。

投稿日:

コーナリングする際に自動車やバイク(単車)と自転車ロードバイクが大きく違うところは「サスペンション」が有る・無いという所が異なるポイントの1つです。
「サスペンション」が有る・無いに限らず、コーナリングをする前には適正な減速が必要です。その減速をした際に「サスペンション」が無い自転車ロードバイクでは直ぐにタイヤに重み(負担)が掛かってしまいます。そのタイヤに対する重み(負担)が大きすぎると落車につながります。直線で減速した場合にタイヤに重み(負担)が掛かっても落車する確率は低いです。しかしコーナリング中に減速・ブレーキをかけるとタイヤに重み(負担)が掛かり、タイヤがその負担(重み)に耐えれなくなるとグリップを失い落車につながります。
なのでコーナリング中に、ブレーキをかけることは危険ということがわかってもらえると思います。

またコーナリングはコース取りも大切です。
「アウト・イン・アウト」という言葉を聞いたことがあると思います。初めの「アウト」はコーナー手前を意味します。次の「イン」はコーナリング中を意味し、最後の「アウト」はコーナー出口を意味します。
僕はそれが全てだと思います。コーナリングを苦手としている選手のほとんどが「イン・イン・アウト」というコース取りを走ってしまい、コーナー出口で「アウト」に膨らみすぎ曲がりきれずコーナリング途中に減速し、タイヤに負担(重み)が過剰に掛かりグリップを失いやすくなるケースが多いです。
コーナリングを苦手としている選手は目線も下すぎることが多いです。
僕の場合ですが、目線は基本的には自分の行きたい・取りたいラインのできるだけ遠くを見るようにしています。

また自転車ロードバイクの場合、絶対にコーナリンング中に忘れてはいけないことがあります。
左コーナーを例に挙げると、左コーナーでは右足・右ペダルを踏み込んだ状態で曲がり続ける必要があります。
理由は、左コーナーで左足・左のペダルを踏み込んだままコーナーを曲がると自転車の倒す角度にもよりますが、地面にペダルが干渉し落車につながります。

僕自身の感覚もたくさん入っていますので、これらが絶対に正しいわけではありませんが皆さんの参考になればと思います。

-ブログ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自転車ロードレースはチーム競技なのか?

サッカーでは1チーム11人で競技を行いますし、野球では1チーム9人で試合を行います。その他のチーム競技もそれぞれ1チームが試合に出場できる人数は決まっています。 サッカーも野球もその他のチーム競技では …

今週末はシマノ鈴鹿!

「JPROツアー」を中心に活動しているチームのほとんどは、ここ約1か月間レースがなかった為に各選手休息や、トレーニングを行って過ごしていたと思います。 そんな約1か月のレースの無い日を過ごしてきました …

チーム合宿(6日目)

鹿児島県鹿屋市(かのやし)で行っているチーム合宿も明日(5月15日)で終わりになります。 そんな今日はステージレースが始まる丁度1週間前でもあります。 自転車ロードレースでは、チームや選手にもよります …

チームタイムトライアル(TTT)という競技。

選手の中でも「チームタイムトライアル」は最もきつい種目と言う選手が多いです。 そんな「チームタイムトライアル」という競技は、各チームごとにチーム全員または、チーム内の決められた人数でチームごとに順位を …

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう