ブログ

コーナリングについて。

投稿日:

コーナリングする際に自動車やバイク(単車)と自転車ロードバイクが大きく違うところは「サスペンション」が有る・無いという所が異なるポイントの1つです。
「サスペンション」が有る・無いに限らず、コーナリングをする前には適正な減速が必要です。その減速をした際に「サスペンション」が無い自転車ロードバイクでは直ぐにタイヤに重み(負担)が掛かってしまいます。そのタイヤに対する重み(負担)が大きすぎると落車につながります。直線で減速した場合にタイヤに重み(負担)が掛かっても落車する確率は低いです。しかしコーナリング中に減速・ブレーキをかけるとタイヤに重み(負担)が掛かり、タイヤがその負担(重み)に耐えれなくなるとグリップを失い落車につながります。
なのでコーナリング中に、ブレーキをかけることは危険ということがわかってもらえると思います。

またコーナリングはコース取りも大切です。
「アウト・イン・アウト」という言葉を聞いたことがあると思います。初めの「アウト」はコーナー手前を意味します。次の「イン」はコーナリング中を意味し、最後の「アウト」はコーナー出口を意味します。
僕はそれが全てだと思います。コーナリングを苦手としている選手のほとんどが「イン・イン・アウト」というコース取りを走ってしまい、コーナー出口で「アウト」に膨らみすぎ曲がりきれずコーナリング途中に減速し、タイヤに負担(重み)が過剰に掛かりグリップを失いやすくなるケースが多いです。
コーナリングを苦手としている選手は目線も下すぎることが多いです。
僕の場合ですが、目線は基本的には自分の行きたい・取りたいラインのできるだけ遠くを見るようにしています。

また自転車ロードバイクの場合、絶対にコーナリンング中に忘れてはいけないことがあります。
左コーナーを例に挙げると、左コーナーでは右足・右ペダルを踏み込んだ状態で曲がり続ける必要があります。
理由は、左コーナーで左足・左のペダルを踏み込んだままコーナーを曲がると自転車の倒す角度にもよりますが、地面にペダルが干渉し落車につながります。

僕自身の感覚もたくさん入っていますので、これらが絶対に正しいわけではありませんが皆さんの参考になればと思います。

-ブログ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

シマノ鈴鹿ロードレース 2日目

日程  :2017/8/20 レース名:シマノ鈴鹿ロードレース(ロードクラシック) 距離  :5.8km × 10周回=58km 結果  :優勝 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 各選手によっ …

初めまして!

みなさん、初めまして。マトリックス・パワータグ所属の吉田隼人です。 2017年のシーズンを迎えるにあたって、僕のホームページを作りました。 これからこのホームページを使って、みなさんにロードバイクを楽 …

チームカーの役割。

僕たちが乗っているロードバイクは、レースのルールにあるように ロードバイクの総重量が「6.8kg」以上でないといけません。 ロードレースの場合は、「平坦・上り坂・下り坂・アップダウン」など様々な起伏の …

機材スポーツ・調子の波をなくすためには。

自転車競技に限らず、他のどんなスポーツでも調子のいい時もあれば悪い時もでてくるかと思います。 どんな選手でも調子の波を最小限に抑えたいですし、選手個々が目標としているレースには最低限、自分自身の最高の …

暑い季節、アンダーウエアーは必要か?

最近は、全国的に気温も上昇してきました。 冬場の寒い季節は、路面が凍結している地域も大きあり、屋外でもトレーニングを行う際には注意が必要な時期もありました。逆にこれから本格的な夏場へ向けて気温がどんど …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう