ブログ

レース前日の過ごし方。(JBCF宇都宮クリテリウム編)

投稿日:

明日の開幕戦へ向けて今日は大移動してきました。
大阪から宇都宮までは、途中のサービスエリアなどで休憩を挟みながら約7時間ほどをかけて移動してきました。
そんな長時間の移動の敵は浮腫(むくみ)です。
長時間の、車や飛行機の移動では身体が浮腫んでしまいます。選手はそんな浮腫を嫌う選手が多いです。

僕個人的な理由は、普段から着ているレーシングウエアーやシューズが浮腫が理由で普段の感覚と大きく異なってしまうので、普段は痛みを感じないところも痛みを感じてしまったりするからです。

レース前日も自転車に乗ってトレーニング(調整)を行いますが、移動後にトレーニングを行うことがほとんどです。
移動で浮腫んだ身体をトレーニングして汗を流すことで、いつもの普段の感覚を取り戻すためです。
なのでレース前日は移動前と移動後でトレーニングを行う際では翌日のパフォーマンスは変わってくると思います。

移動後にトレーニングを行うことをお勧めしてきましたが、チーム内でも選手によってはレース前日の調整のやり方は様々です。中には前日に全く自転車に乗らないで翌日のレースで優勝した選手もいました。
自分の体調ややり方を見つける必要があります。

ここからは今日僕が実際に行ったレース前日のトレーニングです。
日没の時刻も迫っていたので、長時間の移動後にホテルにチェックインして30分後に外へチームメイト全員で約1時間トレーニングに出かけました。
またレース前日のトレーニング強度も「パワーメーター」を使い「TSS」で管理します。
今日の場合だと

*トレーニング時間:1時間〜2時間
*TSS:20〜50以内

このような数値にまとめたかったので、チームメイトとの1時間のトレーニング後に、
写真の「固定ローラー」に乗り足らない強度を補いました。

奥でピースしている「ホセ選手」真ん中の「佐野選手」と汗を流しました。

また「固定ローラー」はリアタイヤの消耗が激しいです。
レースホイール・タイヤは極力消耗させたくないためにトレーニングホイールやスペアホイールに後輪を交換し僕は乗るようにしています。

レース中のパンクは致命的です。
少しでもパンクのリスクを減らすことができるならと僕は行っています。

レース前日だからといって僕は特別なことは行いません。
中には特別なサプリメントを飲む選手や、以前は僕もレースだけのサプリメントも用意していた時もありましたが効果を実感することが僕はできなかったです。
そんなことよりは、今の自分の最高のパフォーマンスを出すことを考えましょう!

-ブログ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

空気圧計の紹介。

今日から日本一を決める大会の「全日本選手権」が始まりました。チームそして僕自身も青森県の八戸市に到着しています。 そんな今日は、「個人TT(タイムトライアル)」が開催されました。 チームからは「TT」 …

チーム合宿最終日(7日目)

チーム合宿最終日は午後に大阪へ向けて移動するので、午前中にトレーニングを終わらせました。 そんな今日は、約2時間のトレーンングをチームメイト全員で行いました。 1番直近のレースは、「TOJ」(ツアーオ …

JBCF宇都宮クリテリウム 勝ったと思った瞬間

2年前に同じ大会のこのコースで僕が2位となり悔しい思いをしたことを常に自分の中で忘れないようにし、今シーズン公式戦の初戦を迎えました。 ロードレースでは、常に強い選手が勝つのではなくレース展開で大きく …

レース中の自転車の整備

自転車ロードレースは機材スポーツです。 ロードレースには1日で勝敗の決まるレースの「ワンデイレース」や先日の「TOJ」(ツアーオブジャパン)・「ツールド熊野」などの「ステージレース」があります。 基本 …

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう