パワートレーニング・トレーニング方法

パワートレーニング・FTPとは?

投稿日:2017年3月6日 更新日:

近年パワーメーターが数年前に比べプロ選手は勿論ですが、急速に一般ライダーにも浸透してきています。
そんなパワーメーターを有効的・効果的に使えている選手は少なく、実際に使い方がわからないという選手も多くいると思います。

先日こちらでパワーメーターについては書きました。
http://yoshidahayatonara.com/?p=108

20分間・1時間を一定の時間や自分が目標にしている時間を全力で走った際にパワーメーターがあるとパワー(ワット)数値で表示されることによりその時のパフォーマンスを把握することができます。
空気抵抗・体重が同じ場合に限りますが、時間に対してのパワーが
より高いパワーを出せるようになることでより速く、強く、自分のパフォーマンスが上がったことになります。

自転車競技・ロードレースは風の影響を受けやすい競技です。
例えば
時速30KMで走ることを目標とします。
追い風では少ないパワーで目標のスピードを出せるのに対して、向かい風ではより
高いパワーを必要とします。この場合、スピード(時速)でトレーニングを管理した際には
追い風と向かい風では身体に掛かる負荷が異なり、トレーニングの狙いが変わってきてしまうのがイメージできると思います。
パワーメーターを使い、追い風も向かい風も同じパワーで走ることにより、風向きによりスピードは異なりますが
身体に掛かる負荷を同じにすることができトレーニングの管理がしやすくなります。

パワートレーニングを行っていく上で必要なのが自分のパフォーマンス、自分を把握する必要があります。

そこで自分の「FTP」を知る必要があります。
「FTP」とは?
「Functional Threshold Power」の略で、日本語に直訳すると「機能闘値」。
簡単に言うと「1時間維持することが可能な限界の平均パワー」です。

自分の「FTP」を知ることでパワートレーニングをスタートできる準備の完了ですが、その測定の仕方ですが
1時間全力で走ることが可能ならその数値になるのですが、それを行うにはペース配分や精神的にもまた日本の場合だとノーストップで信号にも引っかからずに走り切ることは難しいでしょう。

以下のやり方を参考までに
①ウォーミングアップ
②5分全開走
(④前に少し体を疲労させる必要があるみたいです。)
③数分レスト(休憩)
④ポイントの20分全開走

20分全開走の平均パワーの95%が「FTP」になります。

今日は「FTP」という用語とその測定方法の紹介でしたが、「FTP」活用方法についてはまた後日具体的に紹介します。

-パワートレーニング・トレーニング方法
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

パワーメーター・ペダリングモニターをコンディションにキープに使う。

色々なメーカーから「パワーメーター」がラインナップされてきている中で、チームの「サプライヤー様」である「パイオニア」の「ペダリングモニター(パワーメーター)」の強みは、他のメーカーには表示されない、「 …

晴れているけど室内練?

全国的に梅雨も終わり、最近では気温が高くて困ります。天気が快晴でも急に天候が変化し雷雨にも気をつける必要があります。 チームメイトにはスペイン人選手が2選手います。そのスペイン人選手にスペインの夏も日 …

精神的・肉体的を理解する。

今までの投稿では「TSS」の数値を計算することで「回復日・休息日」の入れるタイミングの目安ができるということを紹介してきました。 またそれらのことは僕自身も、チーム合宿時の「回復日・休息日」の日を決め …

ウォーミングアップの仕方について。

自転車競技に限らずスポーツを行う前に、または学校体育の授業前でもウォーミングアップ(準備運動)を行います。 そのウォーミングアップを行う理由としては以下のことに注意・意識して自分は行っています。 ①怪 …

チーム合宿(3日目)

気温次第では雨の中でもトレーニングを行うこともありますが明日(5月12日)の天気は相当荒れるとの予報ですので、明日が合宿中の1回目の休息日になります。事前にトレーニング計画を立てていても天候次第で、ト …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう