パワートレーニング・トレーニング方法

ウォーミングアップの仕方について。

投稿日:2017年3月5日 更新日:

自転車競技に限らずスポーツを行う前に、または学校体育の授業前でもウォーミングアップ(準備運動)を行います。

そのウォーミングアップを行う理由としては以下のことに注意・意識して自分は行っています。

①怪我の防止。
②スタート直後から自分のパフォーマンスを出せるように準備する。

この二点を重点的に意識しています。

自転車競技の場合、スタート直後からレース展開次第で高強度で走ることも求められるためウォーミングアップなしに走ると、身体も筋肉も温まっていない為に「肉離れ」などの怪我の可能性が予測される。
またロードレースでは競技時間・距離の長いレースになると5時間越え・200KM以上のレースから、逆に短いレースでは1時間以内・30KM以内のレースまで様々です。

自分の場合はチームオーダー(作戦)次第では距離の長いレース、日本の場合だと「ツール・ド・沖縄」のような前半のレース展開が予測できるようなレースの場合は、ホテルからスタート地点までの数キロの移動だけを自転車で走り、ウォーミングアップは全く行わない場合もあります。
その理由としては、レース前半1時間程度スローペースが予測される場合はその区間をウォーミングアップとして走るからです。

距離の短いレースや、距離は長いがスタート直後から登り坂などがあり自分のパフォーマンスを出せる状態にする必要がある場合はウォーミングアップが必要です。

普段のトレーニングからレースまで自分が自転車に乗り行っているウォーミングアップを紹介します。

パワーメーターを使います。

*10〜15分間(190w〜260W ケイデンス85回転以上)
行った後に
*1分間×1〜3SET(インナー・軽いギアで ケイデンス130回転以上)
です。

基本的には、普段のトレーニングからレース前までのウォーミングアップの時間、メニューは同じにしています。
レース内容によっては多少変化しますが、トレーニングでも強度を上げる前、レース前のウォーミングアップを同じにすることで「脳」にこのウォーミングアップを行った後から
始まる!スタートする!と動機ずける為です。

また自分は今までのチームメイトを見ていてもウォーミングアップの時間が短い選手です。
このメニューは参考程度にし、まずは普段のトレーニングから自分に合ったウォーミングアップの時間やメニューを探し出すことをお勧めします。
レース前というのはただでさえ余裕がなくなり、普段と違うことをしてしまいがちです。

レースでは最低でも普段のトレーニングで出せているパフォーマンスは出せるようにしましょう!

-パワートレーニング・トレーニング方法
-, , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

回さず踏むペダリング(佐野淳哉 選手編)

僕自身が自転車に乗る時に1番強く意識していることは「踏まずに回すペダリング」をすることを意識して走っています。 僕自身の中で強く意識していてもそのような「ペダリング」ができているかはわかりませんが、そ …

チーム合宿最終日(7日目)

チーム合宿最終日は午後に大阪へ向けて移動するので、午前中にトレーニングを終わらせました。 そんな今日は、約2時間のトレーンングをチームメイト全員で行いました。 1番直近のレースは、「TOJ」(ツアーオ …

「スプリンター」・「スプリント」のトレーニング方法。

自転車ロードレースのルールはすごくシンプルです。 レースによって各チームの出走人数は異なりますが、多い時では100人以上が一斉にスタートします。 距離の長いレースでは200Km先のゴールの着順で順位が …

3本ローラーと固定ローラー

普段仕事をさせている方は仕事が終わってからトレーニングさせる方も多いと思います。その際は、日の入りしてしまっていることが多いので室内でトレーニングされている方が多いと思います。またプロ選手も気温や季節 …

使いたい筋肉こそ

日常生活の中で無意識のうちに、自分の身体を動かす際に普段から使っている筋肉は数多くあります。 その中の筋肉でも自分の意思で力を入れたり、力を抜いたりすることができる筋肉とできない筋肉があると思います。 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう