機材・道具

旧型ペダルを使う理由。

投稿日:2017年3月2日 更新日:

ペダルは自転車ロードバイクと選手が常に接地してる箇所です。

自転車競技を行っている方は、ポジッションで悩まれた方、今も悩んでいる方も多くいると思います。
そんなポジッションの悩みが出る多くのポイントは、自転車と選手の接点時間の多い箇所になります。

ペダルもスタックハイト(ペダルの厚み)が変わるとサドルの高さが変わってしまうのでポジションのセッティングで大変になります。
なのでペダルを交換される場合は注意が必要になります。
というのも
同じメーカーでもスタックハイトが異なるモデルが存在するのと、当然メーカーが変わるとスタックハイトも異なりますので注意が必要です。
シューズの場合はシューズの裏の厚み・形・スタックハイトも各メーカー異なるため、シューズ交換の際も同じことが言えますので注意が必要です。

僕は中学生からシマノペダル。当時はSPD。今ではSPD-SL。と進化し続けています。


左  (2007年発売 PD-7810)
中央 (2010年発売 PD-7900)
右  (2017年発売 PD-R9100)

また気になるのでこの3種類のペダルを実測で測ってみました。

まずはPD-7810は278g。


PD-7900は248g


今年発売の最新モデルPD-R9100は233g

重量はカタログ値とほとんど狂いがありませんでした。
ペダルの剛性も同じみたいです。

剛性が同じで重量が軽くなるなら自転車競技を行われている選手としては最高の条件です。

ですがたまに聞かれる、質問されるのですが
今でもちょうど10年前に発売されたペダル(PD-7810)を好んで使用しています。
理由は

①重い。
②ホールド感・剛性が高い気がする。
の二点です。

先ほど剛性が同じで重量が軽くなるなら最高と言いました。確かにそうなのですが
国際レース・JPROツアーのレースを走るためには
ロードバイクの総重量を「6.8kg」以上にしないとレースを走れないのです。

そして自分のレースバイクの総重量が丁度「6.8kg」なので今以上に軽量化ができないことになっています。
それが一番の理由です。

自分よりも体重もパワーもあるワールドツアー選手が今年の新型ペダル(PD-R9100)を問題なく使用しているので、自分のロードレーサーを45g以上重くして
例えば、 RD(リア変速機)にビッグプーリーを付けチェーンを長くすることで自転車ロードバイクの重量を重くして重量規制をパスし
新型ペダルを使おうと思います。笑

-機材・道具
-, , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

機材のこだわり(宇都宮ブリッツェン 阿部嵩之 選手編)

今日は自動車レース場である、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で「第5回もてぎ7hエンデューロ GW 2017」が開催され各レースの先導を行ってきました。 今回この大会では、マトリックスチームだけでなく「 …

KABUTO新型ヘルメット

趣味としてロードバイクに乗られている方はここ数年で多くなっていると思います。 僕自身が地元でトレーニングを行う際にも、自転車に乗られている方とすれ違うことも年々格段に多くなっています。 またそれは各地 …

薄いバーテープを使う理由。

消耗品の1つである「バーテープ」の選択で悩まれた選手も多いのではないかと思います。 「バーテープ」は色の選択やデザインだけでなく、メーカーによっては握った際の厚さも選択できます。 ヨーロッパのような石 …

自転車フレームの重量に対する剛性。

基本的にレースに出場するには、自転車ロードバイクの総重量を「6.8kg」に仕上げる必要があります。 これは世界的に有名な自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」や「オリンピック」などでも同じルールが …

チューブラーホイールの接着方法。

自転車ロードバイクのホイールでは、ホイールに装着させるタイヤの種類が3種類あります。 車のタイヤと同じタイプの「チューブレスホイール」。 ママチャリにも採用されている、ホイールのリムと呼ばれる箇所にタ …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう