機材・道具

オススメのアイテム。

投稿日:

自転車競技に使う自転車は自分に合った自転車に仕上げる必要があります。
先日は僕が「薄いバーテープ」を使う理由などを書きました。僕が小・中学生の頃に主流だったバーテープはコルク製のバーテープだったと思います。コルク製のバーテープでは可能な限り薄くバーテープをハンドルに巻いても小学生の頃の僕にはハンドルを握りこむことができなかったので、テニスや、バドミントンのグリップを代用し自転車のハンドルに使用していたことを思い出します。
他にもホームセンターなどで手に入る商品が時にはすごく役に立ったりします。

写真はスピードを計測するフレーム側につけているセンサーです。

このスピードセンサーをフレームに付けるのも結束バンドが重宝します。
スピードセンサーを購入された際には、基本的にはスピードセンサーと一緒に結束バンドも付いてきますが、フレームの形状が特殊は場合は、純正の結束バンドでは止めることができない場合もあります。
また少し前までは、このスピードセンサーの下に結束バンドで止める前にホームセンターで外装用の両面テープを購入し、フレーム側とセンサー側をくっ付けてから結束バンドで固定していました。

今では「トラック競技」でバーテープの代わりに使用したりするこちらのアイテムを滑り止めとして使用しています。

日東 アンチスキッドテープAS-127BOX 1.0mmX50mmX5m 黒 AS127BOX50B

写真ではわかりにくいですが、わかりやすく説明すると紙やすりのような素材の裏が両面テープになっている商品です。
トラック競技の際は、DHハンドル(タイムトライアル時に使用するハンドル)にバーテープの代わりにこのテープを貼って使用していました。
全く滑りません。しかし全く振動を吸収しないのでロードではデメリットも出てきます。

また僕はフレーム側に最適なサイズにカットして貼り付け、その上から各種センサーを結束バンドで止めています。

こんな使い方も可能です。

写真はフロントフォークです。
フロントフォーク左側の滑り止めテープを貼っているのをわかってもらえると思います。
この位置は丁度レース時に使用する計測チップ「パワータグ」を付ける位置です。
マトリックスの計測チップは、僕は通常通りに使用する場合は外れたり、フレームに傷がついたりしたことはありません。

しかし心配性の僕はこのようなアイテムを使い、できる限りの対策を施しレースを走っています。

この滑り防止テープは色々な使い方があります。
自分だけの使い方を見つけて他にもいいアイテムがある場合は教えて下さい。

-機材・道具
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

キタサイクルへ行ってきました。

僕自身が自転車レースに初めて出場したのが当時、7歳小学1年生で出場した「シマノ鈴鹿ロードレース」でした。 その当時から自転車のメンテナンスをお願いしているサイクルショップの「キタサイクル」で今年のレー …

JBCF 西日本ロードレースクラシック DAY-2

日程  :2017/7/2 レース名:JBCF西日本ロードクラシック広島大会 DAY-2 距離  :12.3km×12周回=147.6km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …

サングラス手入れしていますか?

プロ選手は、スポンサー様・サプライヤー様から機材・部品など自転車レースを行う上で必要な多くの物をサポートしてもらっています。 選手としてサポートしていただいていることに対して感謝の気持ちしかありません …

全日本選手権大会ロードレース 2017

日程  :2017/6/25 レース名:全日本選手権大会ロードレース 距離  :14km×15周回=210km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 毎年この時期に開会される「全 …

薄いバーテープを使う理由。

消耗品の1つである「バーテープ」の選択で悩まれた選手も多いのではないかと思います。 「バーテープ」は色の選択やデザインだけでなく、メーカーによっては握った際の厚さも選択できます。 ヨーロッパのような石 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう