機材・道具

サングラス手入れしていますか?

投稿日:

プロ選手は、スポンサー様・サプライヤー様から機材・部品など自転車レースを行う上で必要な多くの物をサポートしてもらっています。
選手としてサポートしていただいていることに対して感謝の気持ちしかありません。
それは基本的にはサポートしていただいている物を必ず使わないといけないということでもあります。正直なところ中には自分に合わない物も出てきます。
そんな自分に合わない物が出てきた際も、使いこなすことができる選手が本当のプロ選手なのかもしれません。
どんな機材・物でも自分のパフォーマンスを今まで通りまたはそれ以上のパフォーマンスを出せる選手を目指します。

僕自身の考えですが、サポートしてもらっている物に対して愛着はできるだけ持たないようにしています。その理由は自転車競技・ロードレースでは落車することにより機材・物が修理できないレベルで壊れることがあります。
その落車などのトラブルで壊れた機材・物に対して愛着を持っていると、壊れたことに対しての精神的ダメージが出てくるのが怖いからです。
愛着はできるだけ持たないと言いましたが、僕はできる限りどんなものでも大切にするようにしています。
選手によってはサポートしていただいている商品の消耗が激しい選手もいます。

どんな機材・物でもちょっとした手入れを行うことで長く使用することができます。
そこで今日はサングラスの手入れについて紹介します。

これからの季節は冬場に比べると、汗の量も多くなりサングラスのフレームやレンズにも多く汗がついてしまいます。
汗には塩分が含まれていますので手入れしないとレンズもすぐにダメになってしまいます。
僕はその日のトレーニングが終わりシャワーを浴びる際にサングラスも一緒にシャワーを浴びることが多いです。
サングランスは写真のように中性洗剤やハンドソープ、風呂の場合はボディソープでフレーム・レンズ丸ごと洗うようにしています。

洗い終わったらテッシュなどで水分を拭き取ってください。
その際にテッシュでレンズを拭き取る際は、レンズに傷がつかないように慎重に水分を拭き取る必要があるので注意してください。
レンズも汚れたままに放置してしまうと、汚れが落ちにくくなりますのでサングラスの手入れしたことの無い方は是非一度綺麗にしてみてください。
もっといい方法があるかもしれませんがこのやり方でフレーム・レンズも綺麗になりますし、サングラスに関しては新品に近い状態が維持できます。

ちょっと手入れを行って長く商品を使いましょう!

-機材・道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自転車フレームの重量に対する剛性。

基本的にレースに出場するには、自転車ロードバイクの総重量を「6.8kg」に仕上げる必要があります。 これは世界的に有名な自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」や「オリンピック」などでも同じルールが …

チーム合宿スタートしました。(合宿1日目)

これから始める大きなレースへ向けてチーム合宿が今日から始まります。 場所は今年3回目となる鹿児島県鹿屋市です。 もう5月になりますが、今年は約1か月は鹿児島にいるのではないでしょうか? 合宿初日の今日 …

トレーニング中の小銭&携帯電話のケース

レースや室内で行うトレーニングの際には必要ないですが、普段屋外へトレーニングされる際には「サドルバック」とは別に「小銭と携帯電話」も必須ではないかと思います。 また「小銭と携帯電話」も僕自身を含め、今 …

旧型ペダルを使う理由。

ペダルは自転車ロードバイクと選手が常に接地してる箇所です。 自転車競技を行っている方は、ポジッションで悩まれた方、今も悩んでいる方も多くいると思います。 そんなポジッションの悩みが出る多くのポイントは …

流行りのソックスの丈の長さについて

僕自身が高校生の頃というのは、もう今から約10年前になりますがその当時のプロ選手やアマチュア選手までもが、自転車ソックスの丈の長さは踝(くるぶし)が隠れる程度の長さでした。 自転車のウエアーも約10年 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう