機材・道具

インソールのインソール(SEV)

投稿日:

自転車シューズ(レーサーシューズ)の特徴の1つとしてはソールが写真のようにカーボン素材のシューズが多く、硬くほとんど変形しません。

次の特徴としては、ソールのつま先付近に写真のクリートと呼ばれるペダルとシューズを固定する際に必要なパーツを取り付けることができるように、シューズのインソール側にネジ山があります。
ちなみに僕は「シマノペダル」を使用しています。
そしてシマノペダルのクリートは、クリートの色でフローティング角度が異なります。
そのフローティング角度とは、シューズ(クリート)とペダルを固定した際に動く大きさ(遊び角度)です。
僕自身は黄色(3度フローティング)を使用しています。他にも赤色(0度・固定)や青色(1度フローティング)がラインナップされています。

ペダルに踏み込んだ際に、すべての力がペダルに力が伝わるようにソールが硬くほとんど変形しないようになっています。まさに自転車専用のシューズです。なので普通に歩くには適してないです。またメーカーによってはクリートが滑りやすい商品もあるので注意が必要です。

ソールが硬くほとんど変形しないために自分の足裏にかかる負担はすごく大きいと考えられます。
選手によっては足裏の痛みに悩まされている選手もいるのではないかと思います。
実際に僕自身も今までは4時間を過ぎたあたりからの足の裏の痛みに悩まされたことがありました。
そして僕自身は感覚も重要にしていますが、それ以上に数値・数字で答えの出ることを好みます。

僕個人の「サプライヤー様」である「SEV」は僕が自転車ロードバイクに乗る際には今では必須アイテムになっています。
感覚の話になりますが、この「SEV」のインソールは、シューズのインソールの下に入れるインソールです。

SEV ソールFit(1足分) HEBUP-00701N
先ほども言ったように僕は感覚よりも、数値・数字で答えの出るものが説得力があり好きですが、この「SEV ソールフィット」をシューズの中に忍ばせてから、今までの悩みの1つであった4時間回ったあたりから出てくる足裏の痛みは無くなりました。
また他にも「SEV」は僕自身も実際に使用している「ネックレス」や「ブレスレット」もあります。
「ネックレス」などが気になっている方も、まずインソールのインソールで効果を実感してみてはどうでしょうか?

-機材・道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ディスクローター」を極めて16g軽量化。

僕自身が初めてロードバイクに乗ったのは小学校1年生で当時7歳。 そのころから2019年30歳になるまでの「23年間」リムブレーキバイクに乗り続けてきました。 そして遂に、2020年からディスクブレーキ …

旧型ペダルを使う理由。

ペダルは自転車ロードバイクと選手が常に接地してる箇所です。 自転車競技を行っている方は、ポジッションで悩まれた方、今も悩んでいる方も多くいると思います。 そんなポジッションの悩みが出る多くのポイントは …

流行りのソックスの丈の長さについて

僕自身が高校生の頃というのは、もう今から約10年前になりますがその当時のプロ選手やアマチュア選手までもが、自転車ソックスの丈の長さは踝(くるぶし)が隠れる程度の長さでした。 自転車のウエアーも約10年 …

僕にとって「SEV」とは?

「先日のレース」で落車した時に、自転車ロードバイクは無事でしたが、ヘルメットやシューズは破損し、またネックレスの「SEV」はどこかへ飛んで行ってしまいました。 破損してしまった、ヘルメットやシューズは …

今年初戦・遠征バックの中身を一部紹介します。

日本国内チームでも、すでにレースシーズンに入っているチームもありますが 「マトリックスパワータグ」も今週末からレースシーズンに入ります。 今年初戦は3月18日「第4回 JBCF宇都宮クリテリウム」を走 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう