パワートレーニング・トレーニング方法 思考・考え方

パワーメーター・ペダリングモニターをコンディションにキープに使う。

投稿日:

色々なメーカーから「パワーメーター」がラインナップされてきている中で、チームの「サプライヤー様」である「パイオニア」の「ペダリングモニター(パワーメーター)」の強みは、他のメーカーには表示されない、「ベクトル」が見れることだと思います。
その「ベクトル」とは、クランクが1周する際にペダルにかかる、力の強さと、力の方向がわかるものです。そこからさらに「ペダリング効率」という数値も知ることができます。こちらの「パイオニアサイクルスポーツ」のページで「ペアリング効率」の測り方について説明があります。
「ペダリング効率」を簡単に言うと、「ペダリング効率」が高いと自分の力が推進力に変換されていることになります。
逆に推進力に変換されていない「ペダリング」とは、クランクが1番下・足が1番伸びきることろで踏み続けている「ペダリング」ではないかと思います。
そのようなことが「パイオニア」の「ペダリングモニター(パワーメーター)」は数値化とベクトル(矢印)で教えてくれているので僕自身はすごく役立っています。

特に僕はコンディションをキープする際に役立っています。
自転車競技は水泳などと同じように地面に足を着かない競技の1つですので僕の場合、自転車競技は自転車に実際に乗りペダリング、足を回さないと感覚を忘れやすいです。その感覚を忘れるというのも悪いペダリングを忘れることができれば都合がいいですが、時には調子のいい「ペダリング効率」の高いペダリングも忘れてしまう可能性があります。
他メーカーのパワーメーターでは「ペダリング効率」や「ベクトル」は表示されません。
その他メーカーにない機能を僕は有効にコンディションをキープする際に使っています。

しかし僕よりも「ペダリング効率」が低いのに僕よりも強い選手は多くいます。
なので「ペダリング効率」が高ければ良いということでもないみたいなので注意が必要です。
僕自身がコンディションをキープする方法の1つを紹介しています。

写真は僕自身の「320w」で数分走った際の平均のベクトルの写真です。

この時の「ペダリング効率」は「67%」です。
僕の中でこのような「ペダリング」ができている際には、自転車はよく進みます。
しかし調子が良くない時は、クランクが1番下・足が1番伸びきることろでもさらに下に「ベクトル」が伸びてしまいます。
その「ベクトル」までもハンドルに付けている「メーター」でリアルタイム確認できるので便利です。

みなさんも感覚以外でコンディションをキープする際に役立っているものがあればを教えてください!

-パワートレーニング・トレーニング方法, 思考・考え方
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

FTPの測定が終わったら。次に

自転車競技ロードレースでパワーメーターを活用しパワートレーニングをこれから始めるという選手には自分のパフォーマンス・FTPを知ることであるとこちらのブログで説明させていただきました。 その測定が終わっ …

3本ローラーと固定ローラー

普段仕事をさせている方は仕事が終わってからトレーニングさせる方も多いと思います。その際は、日の入りしてしまっていることが多いので室内でトレーニングされている方が多いと思います。またプロ選手も気温や季節 …

僕の「コンディションキープ」の考え方。

今年のレーススケジュールを確認すると、1年を通して今まで所属してきたチームから考えるとレース数は少ないシーズンになります。しかしレース数は確かに今までのシーズンに比べると少なくなりますが、5月・6月の …

「踏まずに回す」ペダリングとは?

僕たちが乗っている自転車ロードバイクはシューズとペダルが固定されています。それは写真のような「ビンディングシューズ」と「ビンディングペダル」を使用しているからです。 こちらが「ビンディングシューズ」で …

チーム合宿(6日目)

鹿児島県鹿屋市(かのやし)で行っているチーム合宿も明日(5月15日)で終わりになります。 そんな今日はステージレースが始まる丁度1週間前でもあります。 自転車ロードレースでは、チームや選手にもよります …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

1人の購読者に加わりましょう