思考・考え方

ダンシングについて。

投稿日:

自転車競技・自転車ロードレースでは、「立ち漕ぎ」のことを基本的に「ダンシング」と言います。
そんな「ダンシング」について
数ヶ月前の記事」にもダンシング時に僕自身が意識していることを書きました。
そして最近では一般の方々と走る機会もあり、その際に「ダンシング」のやり方を教えてください。と、質問されることもあります。「数ヶ月前の記事」では僕の中で調子のいい時の「ダンシング」です。また調子のいい時というのは、「ダンシング」を行った際にも疲れにくかったり、よく出力(パワー)が出たり、感覚的なところではよく自転車が進む感覚まで得ることができます。

最近では気温が高く、暑くなってくると今までと感覚は異なりますし、また風邪や体調を崩してしまうことで、自分の中で理想的な身体の使い方ができていたのに忘れてしまうこともあります。
そうなった際にも、すぐに各選手、自分自身の中で元の調子に戻すやり方やトレーニング方法を見つけておく必要があるのではないかと僕は考えています。

そこで実際に僕自身が「ダンシング」を普段のトレーニング時に行った際に調子のいい時と比べて感覚がよくない時に、元の僕の中でのよく進む「ダンシング」に戻す際の方法を紹介します。

国道などではなかなか無いと思いますが、「激坂」を走ることです。
その「激坂」というのも、10人がその「激坂」を走る際には10人全員が「ダンシング」を行わないと上りきれないような「激坂」を走るだけです。
「激坂」というぐらいですので、自転車ロードバイクに対して自分の体の位置がずれると前輪が浮きそうになるぐらいの「激坂」が理想です。
僕自身の調子・身体の使い方が思い出すことのできる「激坂」は時間にして40秒ほどですがそこを反復することによって自分の中の理想の身体の使い方を思い出すことができます。

ほぼ全員が「ダンシング」を行う「激坂」で、何も意識せず自然に行う「ダンシング」が変な癖もなく、いいのではないでしょうか?このようなやり方は僕自身が行っているやり方ですので、興味のある選手は「激坂」を見つけて行ってみてください!

-思考・考え方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

今の実力を最大限レースで活かす為には

自転車ロードバイクで普段からトレーニングをされている選手や、特に普段のトレーニングも集団で走る環境があって走られている方は、人の後ろで走った際に前を走っている選手が風よけとなり少ない力で走ることができ …

僕の「コンディションキープ」の考え方。

今年のレーススケジュールを確認すると、1年を通して今まで所属してきたチームから考えるとレース数は少ないシーズンになります。しかしレース数は確かに今までのシーズンに比べると少なくなりますが、5月・6月の …

精神的・肉体的を理解する。

今までの投稿では「TSS」の数値を計算することで「回復日・休息日」の入れるタイミングの目安ができるということを紹介してきました。 またそれらのことは僕自身も、チーム合宿時の「回復日・休息日」の日を決め …

3本ローラーと固定ローラー

普段仕事をさせている方は仕事が終わってからトレーニングさせる方も多いと思います。その際は、日の入りしてしまっていることが多いので室内でトレーニングされている方が多いと思います。またプロ選手も気温や季節 …

「エンドワッシャー」知ってますか?

自転車競技は機材スポーツです。その中で、自分のパフォーマンスを十分に発揮できるように与えてもらっている商品・機材をセッティングする必要があります。チームや個人でスポンサー様・サプライヤー様からサポート …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう