思考・考え方

今の実力を最大限レースで活かす為には

投稿日:

自転車ロードバイクで普段からトレーニングをされている選手や、特に普段のトレーニングも集団で走る環境があって走られている方は、人の後ろで走った際に前を走っている選手が風よけとなり少ない力で走ることができることを実感されたことがあると思います。
一般的に強い選手やレースのカテゴリー・レベルが上がると平均速度も速くなります。
自転車競技の1番の敵である風の抵抗も速度が上がるとその抵抗も大きくなります。
なのでレース中に限らず、普段のトレーニングからも人の後ろを走る機会がある際には、安全な範囲で人の後ろを走る練習をすることが大切になってくると思います。

先日の行われた「シマノ鈴鹿ロードレース」のTTT(チームタイムトライアル)でも「一般の選手・チーム」と「プロ選手・チーム」では隊列の並びや自分の前を走る選手との間隔や、横風でない際の前を走る選手の真後ろを走るスキルが大きく異なっているように感じました。

この写真は斜め前からの写真です。
TTT(チームタイムトライアル)ではTTバイクで走るので、ロードバイクとハンドルが異なります。
TTバイクの1番風の抵抗を受けない・1番速度の出るフォームの際は、ブレーキを直ぐにかけることができません。そんな中で自分の前を走るチームメイトの後ろをできるだけ風の抵抗を受けない場所で走る必要があります。

普段からのロードバイクに乗ってトレーニングを行う際にも、前を走る選手の後ろを走る際にはできるだけブレーキに頼らずにペダリングの力加減で前の選手との間隔を調節できるようになることで、TTバイクに乗り換えた際にもブレーキを直ぐにかけることができないポジションの際にもしっかり人の真後ろで走ることができ、自分の力を温存することでTTT(チームタイムトライアル)に限らずロードレースでも勝負処で自分の力を出すことだできると思います。

この写真には4人写っています。
僕たちチームもまだまだ改善すべきポイントは多くありますが皆さんも最低限、この写真のように前の選手の後ろに隠れることができれば今よりもTTT(チームタイムトライアル)のタイムは間違いなく短縮できると思います。

-思考・考え方
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

使いたい筋肉こそ

日常生活の中で無意識のうちに、自分の身体を動かす際に普段から使っている筋肉は数多くあります。 その中の筋肉でも自分の意思で力を入れたり、力を抜いたりすることができる筋肉とできない筋肉があると思います。 …

僕の「コンディションキープ」の考え方。

今年のレーススケジュールを確認すると、1年を通して今まで所属してきたチームから考えるとレース数は少ないシーズンになります。しかしレース数は確かに今までのシーズンに比べると少なくなりますが、5月・6月の …

第1回 やいた片岡ロードレース

日程  :2017/7/30 レース名:第1回 JBCF やいた片岡ロードレース 距離  :10.3km × 9周回 = 92.7km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 先週 …

3時間のレースで取る水分の量

人間の体のほとんどが水分でできていることは「こちらの記事」で紹介させていただきました。 外でトレーニングされている選手や、仕事終わりや雨などによりローラーでトレーニングされている選手も多いと思います。 …

第2回 JBCF まえばしクリテリウム

日程  :2017/9/23 レース名:第2回 JBCF まえばしクリテリウム 距離  :3.5km × 14周回=49km 結果  :優勝 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 群馬県前橋市内で …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう