ブログ

ダンシング時に意識していること。

投稿日:

自転車ロードレースに限らず、ロードバイク・MTB(マウンテンバイク)・街乗りバイクなど他にも色々な自転車がある中で、全ての自転車にシッティングというサドルに座って乗る乗り方と、ダンシングという立ち漕ぎという乗り方があります。
競技によって異なりますが、ロードレースの場合はほとんどがシッティングで走りますが急なペースアップや、高出力(高いパワー)が必要な際やアタックする際にも、ダンシングは多く使われます。
そんなダンシングも高出力が必要とする場合に行うことが多いですが、長い峠やちょっとした上り坂なんかではシッティングで走っている時と同じ出力でダンシングすることもあります。
これは僕の場合ですが、例えば長い上り坂で自分の「FTP」強度あたりで走る際には心拍も筋肉にも大きなダメージが掛かってきます。
その際に、ずっとシッティングで走り続けるよりは、シッティングと同じ出力でダンシングを行うことにより、シッティングしている時の筋肉と、ダンシングしている時の筋肉は異なるために、シッティングとダンシングを程よいバランスで行っていくことで高出力を長続きさせることができます。
その際のダンシングというのは、僕の場合はアタックや最後のゴールスプリントを行う際のダンシングとは体の使い方など僕自身の中で意識しているポイントは異なります。
これは人間の体の中にある数多くの筋肉をできるだけ自転車に使おうという考えなのかもしれません。

中でもシッティング時と同じ出力で行うダンシングで、僕自身が実際に意識していることを紹介します。
この時のダンシングは言葉で言うと「休む」ことを意識しています。
また下半身の筋肉でペダルに体重をかけるのではなく、人間の体の中でも重さのある「頭」を中心にペダルに体重をかけることを強く意識しています。
この写真のようにダンシングできている際はすごく自分の中では少ない力で、シッティング時と同じ出力を出すことができています。

頭の中心から踏み込んでいる方のペダルの中心とが1本の線でつながります。
こうなることで下半身の筋肉以外に、自分の体重をペダルに乗せることができていると考えています。
また僕の中で、日によってダンシングが全く進まない時があります。
そのような時は後で写真で確認すると、頭の中心から踏み込んでる方のペダルの中心とがずれていることが多くあります。

これら全ては僕の考えですので、中にはこのダンシングのやり方が合わない選手もいると思いますので、このやり方のダンシングを練習されて自分に合わない場合は即中止してください。
僕の中で「休む」ダンシングでした。

-ブログ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ロードバイクのセッティングやフレームサイズを選ぶ際の注意点。

ロードバイクのポジションのセッティングは自転車選手にとって重要です。 基本的には「27インチ」の自転車ロードバイクに乗られている方が多いと思います。 そんな自転車には「24インチ」・「26インチ」・「 …

移籍します。

このタイミングを待っていたわけではありませんが、このブログを再開させると同時に皆様に報告があります。 昨日、各方面で発表がありました。 僕、吉田隼人は「プロコンチネンタルチーム」の「NIPPO VIN …

今週末はシマノ鈴鹿!

「JPROツアー」を中心に活動しているチームのほとんどは、ここ約1か月間レースがなかった為に各選手休息や、トレーニングを行って過ごしていたと思います。 そんな約1か月のレースの無い日を過ごしてきました …

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

レース前日の過ごし方。(JBCF宇都宮クリテリウム編)

明日の開幕戦へ向けて今日は大移動してきました。 大阪から宇都宮までは、途中のサービスエリアなどで休憩を挟みながら約7時間ほどをかけて移動してきました。 そんな長時間の移動の敵は浮腫(むくみ)です。 長 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう