ブログ

チームカーの役割。

投稿日:

僕たちが乗っているロードバイクは、レースのルールにあるように
ロードバイクの総重量が「6.8kg」以上でないといけません。
ロードレースの場合は、「平坦・上り坂・下り坂・アップダウン」など様々な起伏の激しいコースを走るために選手自身の体重管理はとても重要です。
選手自身の体重管理と同じぐらい重要になってくるのがロードバイクの総重量でもあります。
可能な限りロードバイクを軽量化し、ルールの「6.8kg」に限りなく近い重量に仕上げることを僕は求めています。しかし軽量化しすぎてロードバイクの剛性が落ちるのもよくありません。
なので各選手、「ホイール・ハンドルの素材・フレーム」などの好みや選択も異なります。

選手が乗っているレースで使うロードバイクは無駄なパーツは省かれ、まさにレースで勝負するための仕上げられています。
しかし、レース中は「落車・パンク・メカトラ」などはいつ起こるかわかりません。
中でも「メカトラ」とはロードバイクの機材トラブルのことをいいます。例えばギアを変速できなくなる。ワイヤーやチェーンが切れるなどがあります。

そんな色々なトラブルが起こった際に、自分の身体は問題ないがロードバイクが何らかのトラブルでレースを走れなくなった際に、監督とメカニックが乗っている「チームカー」から助けてもらうことができます。

「ワンデイレース」・「ステージレース」に限らず、基本的に「チームカー」はメイン集団の最後尾に各チームの「チームカー」が走っています。
しかし短い周回コースやクリテリウムでは走らないことが多いです。

「チームカー」の役割はトラブルの対処だけではありません。
写真のようにボトル(水)や補給食も用意してもらっていますので、主にその日アシストを任せられた選手がチームメイト分のボトルなどを運びます。

時には選手だけでは判断できないレース展開になった際にチームの1人が「チームカー」に乗っている監督に指示をもらいに行く場合もあります。

自転車ロードレースは「監督・選手・メカニック・マッサージャー・スタッフ」全員がまとまった「チームワーク」が必要で、そのようなチームが結果を残すことができるんではないかと思います。

-ブログ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自転車フレームのワランティ。

自転車競技といえばロードレースや競輪など色々な種目があります。 数年前までは日本で自転車をしていると言うと、ほとんどの人に競輪選手?と言われることが多かったですが、今では「弱虫ペダル」の影響か?ロード …

暑い季節、アンダーウエアーは必要か?

最近は、全国的に気温も上昇してきました。 冬場の寒い季節は、路面が凍結している地域も大きあり、屋外でもトレーニングを行う際には注意が必要な時期もありました。逆にこれから本格的な夏場へ向けて気温がどんど …

初めまして!

みなさん、初めまして。マトリックス・パワータグ所属の吉田隼人です。 2017年のシーズンを迎えるにあたって、僕のホームページを作りました。 これからこのホームページを使って、みなさんにロードバイクを楽 …

チームタイムトライアル(TTT)という競技。

選手の中でも「チームタイムトライアル」は最もきつい種目と言う選手が多いです。 そんな「チームタイムトライアル」という競技は、各チームごとにチーム全員または、チーム内の決められた人数でチームごとに順位を …

移籍します。

このタイミングを待っていたわけではありませんが、このブログを再開させると同時に皆様に報告があります。 昨日、各方面で発表がありました。 僕、吉田隼人は「プロコンチネンタルチーム」の「NIPPO VIN …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう