パワートレーニング・トレーニング方法 ブログ

チーム合宿最終日(7日目)

投稿日:

チーム合宿最終日は午後に大阪へ向けて移動するので、午前中にトレーニングを終わらせました。
そんな今日は、約2時間のトレーンングをチームメイト全員で行いました。

1番直近のレースは、「TOJ」(ツアーオブジャパン)です。その「TOJ」はステージレースですので、「JPROツアー」のレースとは異なり、「TOJ」では毎日連日で8レース走ることになりますので、身体に大きな負担がかかることが予想できます。
そのことから「JPROツアー」のレース前とは異なった調整・トレーニングを行う必要があります。
ステージレースへ向けては、僕個人の理想的なコンディションというのは、出来るだけフレッシュな状態・疲れの残っていない状態で、尚且つレースの勝負所・ペースが上がった際に必要になる高出力(高いパワー)をいつでも出せる状態にしておくことです。
しかしレースが始まるまでを完全休養・回復日にしてしまうと、フレッシュな状態・疲れの残っていない状態を作り出すことは可能ですが、筋肉に刺激を入れていないことにより、いつでも高出力(高いパワー)を出すのが難しくなります。
なので自転車に乗りながら理想のコンディションを作り上げる必要があります。

今日のトレーニングでも、「TOJ」を意識したトレーニングを行いました。
今日行った約2時間のトレーニングのほとんどの時間は、選手同士話しながら走ることのできるペースで走り続けます。
出力(パワー)はパワーウエイトレシオでいうと「3.8〜4.5倍」ほどの数値になります。
この数値は体重に掛け算することで、出力(パワー)がわかります。
例えば体重が60kgの選手の場合では「228〜270w(ワット)」で走ることになります。
その時も出力はその範囲内に収めてケイデンス(1分間のクランク回転数)を上げたり、下げたりもします。具体的には「75〜110回転」ほどの範囲で僕は行っています。

そして今日のトレーニングコースの後半には約3分の上り坂がありましたのでそこで筋肉と心肺機能に刺激を入れます。
このトレーニングメニューを入れることで高出力(高いパワー)の出し方を忘れないようにします。
今日では約7倍で約3分30秒1本走りました。体重60kgの選手の場合「420w(ワット)」になります。
しかしこの強度の高い出力(パワー)をレース前に出す場合はやりすぎ、本数の増やしすぎには注意する必要があります。

このようなトレーニングメニューを行うことで僕の理想とする、出来るだけフレッシュな状態・疲れの残っていない状態を作り出し、尚且つレースでの高強度をいつでも出すことのできる準備のトレーニングの1部を紹介しました。

-パワートレーニング・トレーニング方法, ブログ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ツール・ド・とちぎ 第2ステージ(レースレポート)

日程   :2017/4/1 レース名 :ツール・ド・とちぎ 第2ステージ カテゴリー:UCI2.2 距離   :102.3km 平均速度 :41.4km 結果   :ステージ16位 総合49位 ーー …

自転車のギア(ギアレシオについて)

僕が今乗っている自転車ロードバイクのギアはフロント2段変速です。 リアに関しては11段変速なので22段変速の自転車ロードバイクに乗っています。 フロント2段のギアは、アウターというフロントの重たいギア …

3本ローラーと固定ローラー

普段仕事をさせている方は仕事が終わってからトレーニングさせる方も多いと思います。その際は、日の入りしてしまっていることが多いので室内でトレーニングされている方が多いと思います。またプロ選手も気温や季節 …

トレーニングについて。

昨日の「ツインリンクもてぎ」で開催されたエンデューロや普段トレーニングを行っていても「パワーメーター」を自分の自転車に取り付けている選手の多さに驚きます。 そして僕自身も、地元に滞在している時の週末に …

レース中の自転車の整備

自転車ロードレースは機材スポーツです。 ロードレースには1日で勝敗の決まるレースの「ワンデイレース」や先日の「TOJ」(ツアーオブジャパン)・「ツールド熊野」などの「ステージレース」があります。 基本 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう