機材・道具

機材のこだわり(宇都宮ブリッツェン 阿部嵩之 選手編)

投稿日:

今日は自動車レース場である、栃木県の「ツインリンクもてぎ」で「第5回もてぎ7hエンデューロ GW 2017」が開催され各レースの先導を行ってきました。
今回この大会では、マトリックスチームだけでなく「宇都宮ブリッツェン」・「那須ブラーゼン」など、普段のレースではライバルチームとして走っているチーム・選手とレースの先導を行ってきました。
いつもはレース会場でしか会わない他のチームの選手とも、いつもよりもリラックスし色々な話をする時間もありました。
色々な話をしていてもやっぱり話は自転車の話で盛り上がります。
中でも「宇都宮ブリッツェン」の「阿部嵩之」選手は写真の、最近流行ってきてる?ロードバイクをテストしていました。

僕の乗っているロードバイクと大きく異なるポイントはブレーキです。
この写真の「ディスクブレーキ」というブレーキを使っていました。

またこのブレーキを使うには、自転車のフレームやホイールも「ディスクブレーキ」に対応したものを使う必要があります。
僕が考える「ディスクブレーキ」のメリットは、安定してブレーキングできることだと思います。例えば僕のロードバイクのブレーキでは「キャリパーブレーキ」というホイールを挟み込んでブレーキングします。晴れの時は問題ないですが、雨の日はホイール全体が濡れることにより、晴れの時よりもブレーキの効きが悪くなるのに対して、「ディスクブレーキ」では晴れの日も雨の日も同じような安定したブレーキの効きが得られます。
また「キャリパーブレーキ」よりも少ない力で、強いブレーキングが期待できるのもメリットになります。
「ディスクブレーキ」の僕が考えるデメリットは、今までのフレーム・ホイールが使えなくなることと、重量が重くなることではないかと思います。

僕自身は「シクロクロス」で「ディスクブレーキ」のシクロクロスバイクを乗っていますが、少ない力で強いブレーキングができるので良い印象を持っています。

そして「阿部選手」のこだわりはこの写真です。

写真ではわかりにくいですが、ハンドル幅が「380m」です。
ちなみに「阿部選手」の身長は177cmですので、標準より狭めのハンドル幅を選んでいることになります。

僕自身も「トラック競技」では「380m」のハンドルを使用しています。なのでロードバイクでも試してみたことがありますが、しっくりこなくて直ぐに交換したことがあります。

皆さんも自分に合った機材を見つけ出してください。

-機材・道具
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

タイヤ・リム幅について。

自転車ロードバイクを全く知らない方が、ロードバイクを見たり触ったりした際に、まず初めに驚かれるポイントの1つに「自転車の重量の軽さ」と「タイヤの細さ・幅」に驚かれることが多いのではないかと思います。 …

レース前日の過ごし方。(ツール・ド・とちぎ編)

自転車選手に限らず、スポーツ選手は自分の住んでいる地域でレースや試合が行われない場合は、移動することになります。 その移動も海外遠征になると10時間以上の移動や、国内でも今回の場合は車移動でしたので約 …

暑い季節、アンダーウエアーは必要か?

最近は、全国的に気温も上昇してきました。 冬場の寒い季節は、路面が凍結している地域も大きあり、屋外でもトレーニングを行う際には注意が必要な時期もありました。逆にこれから本格的な夏場へ向けて気温がどんど …

全日本選手権大会ロードレース 2017

日程  :2017/6/25 レース名:全日本選手権大会ロードレース 距離  :14km×15周回=210km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 毎年この時期に開会される「全 …

オススメのアイテム。

自転車競技に使う自転車は自分に合った自転車に仕上げる必要があります。 先日は僕が「薄いバーテープ」を使う理由などを書きました。僕が小・中学生の頃に主流だったバーテープはコルク製のバーテープだったと思い …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。