機材・道具

トレーニング中の小銭&携帯電話のケース

投稿日:

レースや室内で行うトレーニングの際には必要ないですが、普段屋外へトレーニングされる際には「サドルバック」とは別に「小銭と携帯電話」も必須ではないかと思います。
また「小銭と携帯電話」も僕自身を含め、今までのチームメイトを見てきてもこの2点は、サイクリングウエアーについている後ろのポケットに収納している選手がほとんどでした。

また今では防水機能の付いた携帯電話も多く出てきている中、防水機能の付いていない携帯電話を使用している方も多くいます。携帯電話を急な雨や、自分の汗から守る必要があるので、何かに収納させる必要が有ります。
この2点を収納させるケースが大きすぎると、サイクリングウエアーのポケットの中で大きく場所を取りますし、サイクリングウエアーはタイトにできていますので、綺麗にポケット内に収まらない場合もあります。
収納ケースはタイトなサイクリングウエアーのポケットに入れるので欲を言えば、無駄のないジャストサイズがトレーニング中には、邪魔にならないのでトレーニングに集中できます。
更に欲を言えば、その2点を収納しているケース以外にも同じポケット内に、ベストや補給食も収納できれば最高です。

僕自身も今までこの2点の「小銭と携帯電話」を収納させるためのケースを色々試してきましたが、ここ数年でこちらの商品に落ち着きました。

携帯電話も綺麗に収まり、お札も折りまげずに収納が可能です。

僕の場合ですが、こちらのA6サイズが今までのベストサイズではないかと思います。

セキセイ アゾン メッシュケース A6タイプ ブルー AZ-40
こちらの商品で1つ注意しないといけないのは、完全に防止されていないことです。
僕の場合は、今まで防水の携帯電話を使用してきたことがなく、このケースに収納していて急な通雨などの際も携帯電話が故障、お札が雨で濡れてしまうこともなかったですが、使用される際は少し注意して使用してください。

-機材・道具
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ディスクローター」を極めて16g軽量化。

僕自身が初めてロードバイクに乗ったのは小学校1年生で当時7歳。 そのころから2019年30歳になるまでの「23年間」リムブレーキバイクに乗り続けてきました。 そして遂に、2020年からディスクブレーキ …

サドルバックの中身。

合宿・トレーニングキャンプではスタッフがサポートカーを運転しトレーニングの伴走・サポートを行ってくれます。そのサポートカーの中にはパンクした際の予備の車輪(ホイール)や補給食・ドリンクなどが用意されて …

第16回 JBCF 石川サイクルロードレース

日程  :2017/7/16 レース名:第16回 JBCF 石川サイクルロードレース 距離  :パレード7km+13.7km×7周回=102.2km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーー …

気温が高い時の対策。

日本全国的にどんどん夏に向かってきているので気温が高くなってきています。 しかし昼間のほぼ夏の気温や天候に対して、早朝や夜は極端に気温が下がったりしているので体調を崩さないように気をつけないといけませ …

自転車チェーンオイル(Vipro’s ヴィプロス)

ママチャリ・クロスバイク・ロードバイクなど、普段から自転車を楽しまれている全ての自転車乗りの消耗品の1つである「チェーンオイル」。今では科学的にこのオイルを使うと「○○W」減少など興味深い「チェーンオ …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう