機材・道具

サドルバックの中身。

投稿日:

合宿・トレーニングキャンプではスタッフがサポートカーを運転しトレーニングの伴走・サポートを行ってくれます。そのサポートカーの中にはパンクした際の予備の車輪(ホイール)や補給食・ドリンクなどが用意されていますので、万一のトラブルの際でも対処が可能です。
しかし普段のトレーニングでは僕は1人でトレーニングを行うことがほとんどです。
日本は少し走るとコンビニがありますので、補給食・ドリンクは簡単に手に入ります。
1人でトレーニングを行う際にはパンクやちょっとしたメカトラ(自転車のトラブル)も自分で対処する必要があります。
その予備のチューブや工具を収納しているのが「サドルバック」と言う写真の小さなバックに収納しています。

またこの「サドルバック」は今年で7年目になります。さすが日本製です。もう僕と同じのデザインの商品はありませんが、こちらの商品です。

OSTRICH(オーストリッチ) サドルバッグ SP-305 ブラック

重要な中身の紹介です。
予備のチューブですが、写真のように輪ゴムでコンパクトにまとめます。

またジップロックなどの袋に入れます。そうすることで万一のトレーニング中の雨に打たれた際にもチューブが濡れることがないので傷むのを防げます。

携帯工具セットと携帯ポンプ(空気入れ)です。

この2つのアイテムも袋に入れて雨などからの濡れるのを防ぎます。

僕はチューブ・ポンプ(空気入れ)・携帯工具の全てを1つの「サドルバック」にまとめたいのでこのような小さくて空気圧も十分に入れることのできる携帯ポンプを使用しています。

TNI スーパーマイクロポンプ
大きめの携帯ポンプよりは空気を入れるのに時間がかかりますが、パンクはいつ起こるかわかりませんが毎日パンクするものではないので、それよりは軽くて小さいもの選んでいます。

またこれらを写真のように1つのサドルバックに全て入れます。

タイヤレバーはプラスチックなので、濡れても錆びる心配がありませんのでそのまま入れます。

僕の「サドルバック」の中には
チューブ1本・携帯工具・携帯ポンプ・タイヤレバー2本
の以上5点が1つの「サドルバック」に収納されています。

皆さんも万一のことを考えて「サドルバック」の中身を充実させておいてください。

-機材・道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

自転車フレームの重量に対する剛性。

基本的にレースに出場するには、自転車ロードバイクの総重量を「6.8kg」に仕上げる必要があります。 これは世界的に有名な自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」や「オリンピック」などでも同じルールが …

オススメのアイテム。

自転車競技に使う自転車は自分に合った自転車に仕上げる必要があります。 先日は僕が「薄いバーテープ」を使う理由などを書きました。僕が小・中学生の頃に主流だったバーテープはコルク製のバーテープだったと思い …

KABUTO新型ヘルメット

趣味としてロードバイクに乗られている方はここ数年で多くなっていると思います。 僕自身が地元でトレーニングを行う際にも、自転車に乗られている方とすれ違うことも年々格段に多くなっています。 またそれは各地 …

ローラー台の最適な負荷は?(GTローラーを例に)

プロ選手・アマチュア選手問わず、レースを走られる方々は例外を除き大抵の場合は雨でもレースは行われます。 その様なことを考えると、もちろん雨の日にもトレーニング・練習を行った方がいいとも考えられます。そ …

チーム合宿スタートしました。(合宿1日目)

これから始める大きなレースへ向けてチーム合宿が今日から始まります。 場所は今年3回目となる鹿児島県鹿屋市です。 もう5月になりますが、今年は約1か月は鹿児島にいるのではないでしょうか? 合宿初日の今日 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

13人の購読者に加わりましょう