機材・道具

気温が高い時の対策。

投稿日:

日本全国的にどんどん夏に向かってきているので気温が高くなってきています。
しかし昼間のほぼ夏の気温や天候に対して、早朝や夜は極端に気温が下がったりしているので体調を崩さないように気をつけないといけません。
体調を崩してしまうと、特に熱が出てしまった場合にはせっかく継続してトレーニングを行うことができていても、レース前などのタイミングによっては、日々のトレーニングが台無しになってしまうことも考えられます。
外気温が変化していく中でも、着る服で可能な限り自分自身の体温を一定にしておくことは体調を崩さないようにする上では必須になってくるのではないかと考えています。

また夏、気温が高くなってくると呼吸が乱れるとこが原因で、パフォーマンスが落ちてしまう選手も多くいるのではないかと感じています。
実際には、陸上競技のマラソンでも夏の気温の高い時に、様々な記録がありますが、そんな記録が更新されたと聞いたことがありません。またモータースポーツでも各コースのレコードタイムは冬の気温の低い時だと聞いたことがあります。車の場合には、エンジンがオーバーヒートしてしまうとそのエンジンのパフォーマンスが十分に発揮できないのがイメージできるかと思います。また人間も同じで、暑さが原因でパフォーマンスが下がってしまうことが予想できます。

色々な選手にどのような暑さ対策を行っているかということを聞いたことがありますが、ほとんどの選手は暑さに慣れることと言います。僕も実際それが1番と考えています。しかし、一般のサイクリストは日中は仕事を行っている方がほとんどです。
仕事を終わらせてから、室内でトレーニングされている方が多いと思います。
そのようなサイクリストは、日中の気温が高い時にトレーニングを行うことができませんので、暑さに慣れるのは難しくなります。

そこで僕が暑さ対策として実際に行っていること、気をつけていることを紹介します。
僕は暑さ対策で1番気をつけているのが体温を上げないことです。
そこで熱がこもりそうな所(腕・脚・背中)などにこちらのオイルを塗っています。

イナーメ・スポーツアロマ Summer(サマー)50ml ミント系 アップオイル 最高級ホホバオイル使用
体温が上がりにくくなる感じがします。
それが影響し、心肺機能も安定しますので、気温の高い日でも追い込んだとトレーニングを行うことができています。
毎日このオイルを使用してトレーニングを行うことが理想ですが、気温の高いレースの日だけでも使用しることをお勧めします。
また用途の異なったオイルもテスト中ですので近日報告致します。

-機材・道具
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

JBCF 西日本ロードレースクラシック DAY-2

日程  :2017/7/2 レース名:JBCF西日本ロードクラシック広島大会 DAY-2 距離  :12.3km×12周回=147.6km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …

KABUTO新型ヘルメット

趣味としてロードバイクに乗られている方はここ数年で多くなっていると思います。 僕自身が地元でトレーニングを行う際にも、自転車に乗られている方とすれ違うことも年々格段に多くなっています。 またそれは各地 …

チーム合宿スタートしました。(合宿1日目)

これから始める大きなレースへ向けてチーム合宿が今日から始まります。 場所は今年3回目となる鹿児島県鹿屋市です。 もう5月になりますが、今年は約1か月は鹿児島にいるのではないでしょうか? 合宿初日の今日 …

サドルバックの中身。

合宿・トレーニングキャンプではスタッフがサポートカーを運転しトレーニングの伴走・サポートを行ってくれます。そのサポートカーの中にはパンクした際の予備の車輪(ホイール)や補給食・ドリンクなどが用意されて …

タイヤ・リム幅について。

自転車ロードバイクを全く知らない方が、ロードバイクを見たり触ったりした際に、まず初めに驚かれるポイントの1つに「自転車の重量の軽さ」と「タイヤの細さ・幅」に驚かれることが多いのではないかと思います。 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう