思考・考え方 機材・道具

「エンドワッシャー」知ってますか?

投稿日:

自転車競技は機材スポーツです。その中で、自分のパフォーマンスを十分に発揮できるように与えてもらっている商品・機材をセッティングする必要があります。チームや個人でスポンサー様・サプライヤー様からサポートしてもらうことにより商品や機材を使用しレースを走ることができます。選手は日々自分の立ち位置を考え、感謝することを忘れてはいけないと考えています。
サポートしてもらっている商品・機材の良いところや悪いところを知る上では、限られた場合に限り他メーカーの商品を試すことも重要になってくるかもしれません。そうすることで、チームや個人でサポートしてもらっている中で自分に合わない商品・機材が出てきた際にも解決策が出てくるかもしれません。

そんな中で、ここ数日はこの写真のアイテムを試していました。
ナカガワサイクルワークス」エンドワッシャーという商品になります。

この写真ではわかりにくいと思います。
自転車ロードバイクでは慣れると、1分以内でホイールを交換することができます。その為にホイールの付け外しが簡単です。

この写真はフロントフォークになります。

写真のようにクイックレバーを横から締め付けてホイールを固定しています。この写真のまま締め付けますので、下の部分は開いたままになります。

しかし「エンドワッシャー」を使用すると写真のようになります。

クイックレバーを横から「面」で締め付けることが可能になります。

「サイクルスポーツ」にこの商品が紹介された際の記事の写真をお借りしています。

この写真は、「エンドワッシャー」を使用していない際の写真です。
横から「面」で締め付けることができないために、ホイールの中心にある「ハブシャフト」に若干のたわみが起こります。
多くのホイールは「ハブシャフト」の端にはベアリングが干渉していますので、「ハブシャフト」が若干たわんでいるとホイールの回転に「ロス」が生じます。「エンドワッシャー」を使用することによりその「ロス」を少なくできるという商品です。

ここ数日はこの「エンドワッシャー」を使用したり・使用しなかったりとテスト中ですが、おそらく誰でも変化を感じることができます。
僕の使用した感想は、ベアリングの回転よりもフロントフォークの剛性が上がった感じがします。

レースで他の選手とのアドバンテージになる可能性のある商品です。

-思考・考え方, 機材・道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

全日本選手権大会ロードレース 2017

日程  :2017/6/25 レース名:全日本選手権大会ロードレース 距離  :14km×15周回=210km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 毎年この時期に開会される「全 …

チューブラーホイールの接着方法。

自転車ロードバイクのホイールでは、ホイールに装着させるタイヤの種類が3種類あります。 車のタイヤと同じタイプの「チューブレスホイール」。 ママチャリにも採用されている、ホイールのリムと呼ばれる箇所にタ …

サドルバックの中身。

合宿・トレーニングキャンプではスタッフがサポートカーを運転しトレーニングの伴走・サポートを行ってくれます。そのサポートカーの中にはパンクした際の予備の車輪(ホイール)や補給食・ドリンクなどが用意されて …

チームタイムトライアル(TTT)という競技。

選手の中でも「チームタイムトライアル」は最もきつい種目と言う選手が多いです。 そんな「チームタイムトライアル」という競技は、各チームごとにチーム全員または、チーム内の決められた人数でチームごとに順位を …

保冷ボトル知ってますか?(暑さ対策)

最近の天候は急な豪雨があるとは思いますが、それ以外は猛暑な毎日が続き外を走る・トレーニングを行われる際には暑さとの戦いや暑さ対策で大変だと思います。 僕自身も、猛暑の中でトレーニングを行い、苦手な暑さ …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう