思考・考え方 機材・道具

「エンドワッシャー」知ってますか?

投稿日:

自転車競技は機材スポーツです。その中で、自分のパフォーマンスを十分に発揮できるように与えてもらっている商品・機材をセッティングする必要があります。チームや個人でスポンサー様・サプライヤー様からサポートしてもらうことにより商品や機材を使用しレースを走ることができます。選手は日々自分の立ち位置を考え、感謝することを忘れてはいけないと考えています。
サポートしてもらっている商品・機材の良いところや悪いところを知る上では、限られた場合に限り他メーカーの商品を試すことも重要になってくるかもしれません。そうすることで、チームや個人でサポートしてもらっている中で自分に合わない商品・機材が出てきた際にも解決策が出てくるかもしれません。

そんな中で、ここ数日はこの写真のアイテムを試していました。
ナカガワサイクルワークス」エンドワッシャーという商品になります。

この写真ではわかりにくいと思います。
自転車ロードバイクでは慣れると、1分以内でホイールを交換することができます。その為にホイールの付け外しが簡単です。

この写真はフロントフォークになります。

写真のようにクイックレバーを横から締め付けてホイールを固定しています。この写真のまま締め付けますので、下の部分は開いたままになります。

しかし「エンドワッシャー」を使用すると写真のようになります。

クイックレバーを横から「面」で締め付けることが可能になります。

「サイクルスポーツ」にこの商品が紹介された際の記事の写真をお借りしています。

この写真は、「エンドワッシャー」を使用していない際の写真です。
横から「面」で締め付けることができないために、ホイールの中心にある「ハブシャフト」に若干のたわみが起こります。
多くのホイールは「ハブシャフト」の端にはベアリングが干渉していますので、「ハブシャフト」が若干たわんでいるとホイールの回転に「ロス」が生じます。「エンドワッシャー」を使用することによりその「ロス」を少なくできるという商品です。

ここ数日はこの「エンドワッシャー」を使用したり・使用しなかったりとテスト中ですが、おそらく誰でも変化を感じることができます。
僕の使用した感想は、ベアリングの回転よりもフロントフォークの剛性が上がった感じがします。

レースで他の選手とのアドバンテージになる可能性のある商品です。

-思考・考え方, 機材・道具
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

JBCF 西日本ロードレースクラシック DAY-2

日程  :2017/7/2 レース名:JBCF西日本ロードクラシック広島大会 DAY-2 距離  :12.3km×12周回=147.6km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー …

薄いバーテープを使う理由。

消耗品の1つである「バーテープ」の選択で悩まれた選手も多いのではないかと思います。 「バーテープ」は色の選択やデザインだけでなく、メーカーによっては握った際の厚さも選択できます。 ヨーロッパのような石 …

3本ローラーと固定ローラー

普段仕事をさせている方は仕事が終わってからトレーニングさせる方も多いと思います。その際は、日の入りしてしまっていることが多いので室内でトレーニングされている方が多いと思います。またプロ選手も気温や季節 …

空気圧計の紹介。

今日から日本一を決める大会の「全日本選手権」が始まりました。チームそして僕自身も青森県の八戸市に到着しています。 そんな今日は、「個人TT(タイムトライアル)」が開催されました。 チームからは「TT」 …

(グローブ・アンダーウエアー)のこだわり。

今週末にせまった「ツール・ド・とちぎ」は気温が低いことが予想されます。 レースではどうしても速く走ることを優先します。そうなると風の抵抗を少しでも軽減するためにレースウエアーは薄着になってしまいます。 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう