思考・考え方 機材・道具

「ディスクローター」を極めて16g軽量化。

投稿日:2020年4月7日 更新日:

僕自身が初めてロードバイクに乗ったのは小学校1年生で当時7歳。
そのころから2019年30歳になるまでの「23年間」リムブレーキバイクに乗り続けてきました。
そして遂に、2020年からディスクブレーキバイクに乗り換えました。
ディスクブレーキバイクについてはブレーキ性能以上のメリットを感じます。
その一例を挙げるならば、UCIレース(国際レース)の決まりでは、バイク重量が「6.8kg」を下回ってはいけないルールがあります。
この写真は、僕自身のトレーニングホイール装着時のバイク重量になります。

自転車ロードバイク自体の重量を約7kg前後で考えた場合に、リムブレーキバイクに比べてディスクブレーキバイクでは重心が下がります。それはブレーキキャリパー・「ディスクローター」が地面に近いところにあることが大きな理由だと考えられます。約7kgほどの物体の重心が下がることで直進性が増しているように僕自身は感じています。

また今回はその中でも「ディスクローター」以下の写真の部分についてです。

シマノはロード用パーツ・MTB(マウンテンバイク)パーツをも手がける誰もが知っている自転車パーツメーカーです。
その各パーツにもグレードがあります。
ロード・「DURA-ACE」・「ULTEGRA」・etc
M T B・「X T R」 ・「X T」 ・etc

ディスクブレーキバイクが良いとはいえ、リムブレーキバイクの方が簡単に軽量化することができます。僕自身も今まで乗っていたリムブレーキバイクの重量にするべく数グラムでも軽くすることを考えています。
数グラムの積み重ねで、今ではレース用ホイールだと7kgを切ります。

そして最近軽量化したのが「ディスクローター」を「RT900・DURA-ACE」から「MT900・XTR」へ交換しました。
1万キロ近く使用し、消耗(削れて軽量化)しているはずのローターより、前後変更することで更に実測16グラムの軽量化に成功しました。(ローターサイズ160m)

「RT900・DURA-ACE」

「MT900・XTR」

この時点で「6g」の軽量。前後ホイール分の変更で×2で「12g」

そしてこの「ローター」をホイールに固定する際に必要な「ロックリング」は以下の3種類になります。(重さは実測値)

外セレーションタイプを使用していたのですが、ホイールとの相性が重要なパーツですが僕の場合は、内セレーションタイプに変更が可能でしたので前後ホイール分変更し「4g」軽量化。

結果「16g」の軽量化に成功しました。
これは予断ですが、ロードバイクよりもはるか早くに「ディスクブレーキバイク」が採用されていたMTB。そのMTBのフラッグシップパーツの「XTR」の信頼は大きく感じます。


シマノ ディスクローター SM-RT900 160mm センターロック ナロータイプ ISMRT900S


シマノ(SHIMANO) ディスクローター RT-MT900 160mm センターロック ナロータイプ IRTMT900S

-思考・考え方, 機材・道具

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

僕の「コンディションキープ」の考え方。

今年のレーススケジュールを確認すると、1年を通して今まで所属してきたチームから考えるとレース数は少ないシーズンになります。しかしレース数は確かに今までのシーズンに比べると少なくなりますが、5月・6月の …

チーム合宿(6日目)

鹿児島県鹿屋市(かのやし)で行っているチーム合宿も明日(5月15日)で終わりになります。 そんな今日はステージレースが始まる丁度1週間前でもあります。 自転車ロードレースでは、チームや選手にもよります …

ダンシングについて。

自転車競技・自転車ロードレースでは、「立ち漕ぎ」のことを基本的に「ダンシング」と言います。 そんな「ダンシング」について 「数ヶ月前の記事」にもダンシング時に僕自身が意識していることを書きました。 そ …

トレーニング中の小銭&携帯電話のケース

レースや室内で行うトレーニングの際には必要ないですが、普段屋外へトレーニングされる際には「サドルバック」とは別に「小銭と携帯電話」も必須ではないかと思います。 また「小銭と携帯電話」も僕自身を含め、今 …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう