レースレポート

第1回 JBCF 那須ロードレース

投稿日:

日程  :2017/6/11
レース名:第1回 JBCF 那須ロードレース
距離  :7.1km×15周回=106.5km
結果  :17位
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
地域密着型の自転車ロードレースチーム「那須ブラーゼン」のチームオフィスがコース上にある、栃木県那須町で自転車ロードレースが開催されました。前日の天候とは異なり快晴の中、この日は暑さとの戦いでもありました。
前日のレースでは、チーム内で「ルビーレッドジャージ」が僕から「ホセ選手」へと入れ替わりました。
僕自身も今年の自分のパフォーマンスを考えた際には、「JPROツアー」での「ルビーレッドジャージ」を最後に着て終わることも狙います。
しかし今月の終わりには「全日本選手権」があります。そこでのレースのために結果的に今、無理なダイエット(食事制限)を行ってこの2日間のレースでは十分なパフォーマンスを発揮することができませんでした。
チームメイトには僕のために動いてくれている場面も多くあり申し訳ないという気持ちも多く残るレースでした。
しかしチーム内の個人ランキングを見た際にもトップ10に4選手が入っていることにより、また「ホセ選手」と僕自身がワン・ツーなので僕がもし体調不良になった際も異なった戦略を立てることができるのも今、チームとして大きな武器です。
まだまだ「JPROツアー」はポイント配分の大きいレースが残っていますし、レースはまだ数ヶ月続きます。
そう考えると逆に「ホセ選手」の調子が悪くなることも考えることができますので、しっかり僕自身も準備しておくとこで必ずチャンスは来ますので焦らず、取り組んでいこと思います。

そしてこの日のレースは、1周回目に集団大落車が起こり一時はレースが中断してしまう場面もありました。
そこからレースが再スタートすることになりましたが周回数を3周回減らしレースが再開されました。
再スタート後は常にペースが速く、そのお陰で簡単に逃げ集団ができました。チームからは僕を含む「佐野選手」が入ります。そこらしばらくするとメイン集団から「ホセ選手」を含む追走集団とも合流し19選手になります。
結果的にはこの日はレース完走者がこの19人となりました。
自転車ロードレースではレース展開がすごくレースを動かします。
逃げ集団に各チームから有力選手が入ったことにより、メイン集団のペースが極端に落ち時にはこの日のような結果になることもあります。

次のレースや残りのレースもまだまだあります。
そんな中で準備していくわけですが、「楽しむ」「楽しみながら」ということを忘れずに準備を進めます。

-レースレポート
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ツアーオブジャパン(第7・8ステージ)

日程   :2017/5/27 レース名 :ツアーオブジャパン(第7ステージ) カテゴリー:UCI2.1 距離   :12.2㎞ x 10周 = 122.0㎞ 結果   :ステージ70位 総合66位 …

シマノ鈴鹿ロードレース 1日目

日程  :2017/8/19 レース名:シマノ鈴鹿ロードレース(チームタイムトライアル) 距離  :5.8km × 4周回=23.2km 結果  :優勝 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「シ …

ツールド北海道(第1/2/3ステージ)

日程   :2017/9/8 レース名 :ツールド北海道(第1ステージ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :156.7km 結果   :ステージ49位 総合49位 ーーーーーーーーーーーーーーーー …

「ツールド熊野」が始まっています。(プロローグ)

日程   :2017/6/1 レース名 :ツールド熊野(プロローグ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :700m(個人タイムトライアル) 結果   :ステージ10位 総合10位 ーーーーーーーーー …

ツールド熊野(第1・2ステージ)

日程   :2017/6/2 レース名 :ツールド熊野(第1ステージ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :パレード18km+16.3km×7LAPS=114.1km 結果   :ステージ77位 総 …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう