ブログ 機材・道具

暑い季節、アンダーウエアーは必要か?

投稿日:2017年6月8日 更新日:

最近は、全国的に気温も上昇してきました。
冬場の寒い季節は、路面が凍結している地域も大きあり、屋外でもトレーニングを行う際には注意が必要な時期もありました。逆にこれから本格的な夏場へ向けて気温がどんどん上昇してきています。そうなると時間帯によっては気温が高すぎて屋外でのトレーニングも注意が必要になってきます。
これらは四季を感じられ日本のいいところでもありますが自転車乗りにとっては、寒すぎず暑すぎない気温が続いて欲しいと願ってしまいます。

また最近では自転車ウエアーもどんどん進化していっています。
最近では数年前に比べ、自転車競技の最大の敵である「風の抵抗」を抑えることのできる自転車ウエアーが数多くのメーカーからナインナップされています。
またそれと同時に、気温の高い夏場の暑さ対策として、涼しいウエアーの進化も進んでいるように感じます。
そんな気温の高い日には、アンダーウエアーを着るか?着ないか?という選択は非常に難しくなります。

最近では、海外のプロチームや国内のプロチームのレプリカモデルのウエアーも発売されています。
またそれらは全てではありませんが、ウエアーのデザインは同じですがウエアー自体のフィット感や生地の薄さなどはプロ選手が使用しているウエアーと異なっていることが多いです。

チームは「パールイズミ」のウエアーをサポートしてもらっています。
「パールイズミ」では、海外ウエアーメーカーの商品に比べると夏場の商品でも、生地が分厚いです。それは着ていて暑いことになります。しかし消耗品であるウエアーをサポートしてもらっていますので感謝しないといけません。
また逆に「パールイズミ」では夏場のウエアーが市販品と全く同じ商品になります。
海外のプロチームが使用している夏場の非常に薄いウエアーを手に入れることのできない一般ライダーと同じと言えます。

そこで「アンダーウエアーを着るか?着ないか?」という本題になりますが、海外メーカーの夏場の非常に薄いウエアーはアンダーウエアーを着る必要がないのではないかと思います。着てみないとわかりませんが、、、
また逆に少し生地に厚みのあるウエアーの場合は、アンダーウエアーを着た方が涼しいと考えています。

個人的に「 SIXS」(音量に気をつけて下さい)のアンダーウエアーをサポートしてもらっています。僕自身は夏場は、写真の青いメッシュのアンダーウエアーをどんなに気温が高くても着用します。

室内トレーニングを行う際にはできるだけウエアーは着用しない方が涼しいと思いますが、屋外を走る際には、気温が高いと汗でアンダーウエアーは濡れます。そして走っていると風を受けます。
その際にアンダーウエアーを着ていると、ウエアーが地肌に直接触れることがありません。
そのちょとした隙間に、風が入ってきて僕はそれが涼しく感じます。

また選手の中にも、夏場の暑い日にアンダーウエアーを着ている選手は多くいます。
気温の高い夏場のアンダーウエアーは写真のような大きめのメッシュの物をお勧めします。

ぜひこれからの季節1度試してみてください。

-ブログ, 機材・道具
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

旧型ペダルを使う理由。

ペダルは自転車ロードバイクと選手が常に接地してる箇所です。 自転車競技を行っている方は、ポジッションで悩まれた方、今も悩んでいる方も多くいると思います。 そんなポジッションの悩みが出る多くのポイントは …

JBCF宇都宮クリテリウム 勝ったと思った瞬間

2年前に同じ大会のこのコースで僕が2位となり悔しい思いをしたことを常に自分の中で忘れないようにし、今シーズン公式戦の初戦を迎えました。 ロードレースでは、常に強い選手が勝つのではなくレース展開で大きく …

チームタイムトライアル(TTT)という競技。

選手の中でも「チームタイムトライアル」は最もきつい種目と言う選手が多いです。 そんな「チームタイムトライアル」という競技は、各チームごとにチーム全員または、チーム内の決められた人数でチームごとに順位を …

今週末はシマノ鈴鹿!

「JPROツアー」を中心に活動しているチームのほとんどは、ここ約1か月間レースがなかった為に各選手休息や、トレーニングを行って過ごしていたと思います。 そんな約1か月のレースの無い日を過ごしてきました …

気温が高い時の対策。

日本全国的にどんどん夏に向かってきているので気温が高くなってきています。 しかし昼間のほぼ夏の気温や天候に対して、早朝や夜は極端に気温が下がったりしているので体調を崩さないように気をつけないといけませ …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう