パワートレーニング・トレーニング方法 ブログ

(プロトン・追走集団・グルペット)について。集団内の基本的な走り方。

投稿日:2017年4月9日 更新日:

「プロトン」という言葉を自転車ロードレースを行われている選手は一度は聞いたことがあると思います。
そんな「プロトン」とは、「集団」という意味です。
しかしロードレースでは、獲得標高の激しいコースや、横風の激しいコースなんかでは、いくつもの「プロトン」(集団)が形成されることがあります。
その場合は、「エスケープ集団」(逃げ集団)が形成され、「追走集団」と言って「エスケープ集団」に追いつこうとする動きができたり、ステージレースで形成されることが多い「グルペット」と呼ばれる集団もあります。ステージレースでは途中のステージでゴールできなかった選手は、次のステージを走ることができません。
メイン集団から遅れてしまった選手が、翌日のステージも走る為に形成される集団のことを「グルペット」と言います。
またそのステージを完走できても、タイムアウトになってしまうと完走扱いにならないので、「グルペット」もタイムアウトにならない程度のスピードで走る必要があります。
このように自転車ロードレースでは1つのレースでも色々な「プロトン」ができますが、メイン集団のことを主に「プロトン」ということが多いです。ステージレースでは総合リーダーの居る集団のことを「プロトン」と呼ぶことが多いです。
中には「エスケープ集団」・「追走集団」・「プロトン」・「グルペット」以外にも集団ができる場合には、「第◯集団」と表現することが多いです。

また「プロトン」内での走り方は、普段のトレーニングからはなかなかトレーニングができないので難しいです。

写真は先日の「宇都宮クリテリウム」のものです。
この写真のように集団のままハイスピードでコーナーを曲がっていくとこもあります。
マトリックスチームが主催している「チャレンジリーグ」の初心者講習でも主に言っているのは、集団内では直線やコーナー中は絶対に急な進路変更を行ってはいけないということです。
その理由は集団内で急な進路変更をすると落車の原因になります。

自分の走るラインを守り目線はなるべく、前の選手のお尻以上を見ていただくことが大切だと、僕は思います。
これは初心者からプロ選手まで厳守していかないといけないことになりますので僕自身も常にこのことは意識しています。
普段のトレーニングからも余裕がなくなってきたり、しんどくなってきたら下を向いて走る選手がいると思います。普段のトレーニングからもなるべく目線を上げるようにすることで落車の確率は減るんではないかと思います。

-パワートレーニング・トレーニング方法, ブログ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

使いたい筋肉こそ

日常生活の中で無意識のうちに、自分の身体を動かす際に普段から使っている筋肉は数多くあります。 その中の筋肉でも自分の意思で力を入れたり、力を抜いたりすることができる筋肉とできない筋肉があると思います。 …

晴れているけど室内練?

全国的に梅雨も終わり、最近では気温が高くて困ります。天気が快晴でも急に天候が変化し雷雨にも気をつける必要があります。 チームメイトにはスペイン人選手が2選手います。そのスペイン人選手にスペインの夏も日 …

チームタイムトライアル(TTT)という競技。

選手の中でも「チームタイムトライアル」は最もきつい種目と言う選手が多いです。 そんな「チームタイムトライアル」という競技は、各チームごとにチーム全員または、チーム内の決められた人数でチームごとに順位を …

プロテインを摂取するタイミングを考える。

2020年に入り既にシーズンインしているチームが多くある中、「Team MATRIX POWERTAG」では初戦までまだ余裕があるので、今年2回目のトレーニングキャンプ(合宿)を終えました。初戦のレー …

クリート位置・クリートフィッティングについて

これから自転車ロードバイクを趣味で始めようとしている方から、既に趣味としてレースも楽しまれている方、プロ選手も含めて「ポジション」は自転車乗りの永遠のテーマであり、悩みでもあると思います。 そんな中で …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。