ブログ

自転車のギア(ギアレシオについて)

投稿日:

僕が今乗っている自転車ロードバイクのギアはフロント2段変速です。
リアに関しては11段変速なので22段変速の自転車ロードバイクに乗っています。
フロント2段のギアは、アウターというフロントの重たいギアの歯数は53T(53ティース)を選択し、インナーという軽いギアの歯数は39Tを選択しています。
このフロント2段に関しては基本的にはアジアのレースでよく出てくるのですが、規格外の急勾配の上り坂以外はシーズン中にフロントギアを交換することはほぼないです。
それに比べてリアのギアに関しては、コースによってギアを変更することがあります。
リアのギアはコースにより変更することがあります。
例えば、平坦基調やクリテリウム(短い周回コースのレース)なんかでは重いギアから軽いギアの歯数が、11T〜23Tのギアを選択したり、アップダウンのコースやヒルクライムレース(上り坂オンリーのレース)では、11T〜25Tや時には11T〜28Tのギアを使い分ける選手が僕はほとんどではないかと思います。

そんなギアは、時速30kmで走る際に重いギアで走った際と軽いギアで走った際には、重いギアで走った際は軽いギアで走った時よりも少ないケイデンス(1分間のクランクの回転数)で走ることができます。

またこれらは簡単に計算することができます。
フロントギアをリアのギアで割るだけです。
僕の自転車ロードバイクでの1番重いギア・進むギアで考えてみます。
フロント53Tからリアの11Tを割ります。
53÷11=4.81818182
となります。
約4.8という数値というのは、クランクが1回転させた際に後輪が約4.8回転するということになります。

ロードレースでは、レース中やトレーニング中もギアを変速させ常時最適なギアを選択することが可能ですが、トラック競技ではギアは固定ギアですので、レース前のギアの選択には特に悩みます。
またロードバイクに乗られている方の中には、フロントがアウターギアでリアがローギア(軽いギア)で走る際と、ギアレシオ(フロント÷リア=クランク1回転した際の後輪の回転数)がほぼ同じ、フロントがインナーでリアは真ん中あたりのギアを乗り比べた際に、フロントギアがアウターギアを好む選手、インナーギアを好む選手と好みが分かれることがあります。
それはトラック競技にもあり、ギアを重くする際にフロントギアを大きくする選手とリアのギアを小さくする選手で好みが分かれます。

このようなちょっとしたことなのですが、今後のレースなどでギアを選択する際に参考にしてみてください。

-ブログ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

今週末はシマノ鈴鹿!

「JPROツアー」を中心に活動しているチームのほとんどは、ここ約1か月間レースがなかった為に各選手休息や、トレーニングを行って過ごしていたと思います。 そんな約1か月のレースの無い日を過ごしてきました …

柔軟性の必要性

2018年になり正式に「NIPPO-Vini Fantini-Europa Ovini」の選手の一員となりました。そして今はイタリアへきています。 イタリアでチーム発表を行った後に、スペインのカルぺま …

レース中の自転車の整備

自転車ロードレースは機材スポーツです。 ロードレースには1日で勝敗の決まるレースの「ワンデイレース」や先日の「TOJ」(ツアーオブジャパン)・「ツールド熊野」などの「ステージレース」があります。 基本 …

JBCF 宇都宮ロードレース勝負の決まった瞬間

開幕2連戦と宇都宮合宿を消化し、今日は身体を回復させることを優先させた1日を過ごしています。そんな日は身体的な疲労を回復させることはもちろん重要ですが、精神面も回復させることも重要になってきます。 そ …

JBCF宇都宮クリテリウム 勝ったと思った瞬間

2年前に同じ大会のこのコースで僕が2位となり悔しい思いをしたことを常に自分の中で忘れないようにし、今シーズン公式戦の初戦を迎えました。 ロードレースでは、常に強い選手が勝つのではなくレース展開で大きく …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう