機材・道具

チューブラーホイールの接着方法。

投稿日:2017年3月25日 更新日:

自転車ロードバイクのホイールでは、ホイールに装着させるタイヤの種類が3種類あります。

車のタイヤと同じタイプの「チューブレスホイール」。
ママチャリにも採用されている、ホイールのリムと呼ばれる箇所にタイヤを挟み込み、その中にチューブを入れ込む「クリンチャーホイール」。(WOとも呼ばれています)
そしてタイヤとチューブが一緒になっていて、そのタイヤをホイールのリムと呼ばれる箇所に接着させる「チューブラーホイール」があります。

そんな今日は「チューブラーホイール」の接着方法についてです。
僕自身トレーニングでは、「クリンチャーホイール」を使用しています。その理由はパンクした際にパンク修理に1番優れていて、早く修理ができるからです。
逆にレースでは「チューブラーホイール」を使用します。その理由は1つで「軽量」だからです。
そんな「チューブラーホイール」の接着方法は2種類あります。
「リムセメント」といって「チューブラーホイール」用の接着剤と「リムテープ」といって「チューブラーホイール」用の両面テープです。

僕自身は今はチームのメカニックに「チューブラーホイール」の接着方法は任せています。
ちなみに両方のタイプをそれぞれ各5年以上レースシーズンで使用してきましたが、トラブルはゼロでした。
しかし、「リムテープ」については、パンクした際は一気に接着力が落ちるので注意が必要です。
パンクした際も「リムセメント」は「リムテープ」に比べると接着力が断然大きいです。

そんな僕がお勧めする「リムセメント」がこちらです。

Continental(コンチネンタル) RIM CEMENT 金属リム用 350g 缶入り 0149092
僕自身の他の「リムセメント」と比較しての感想ですが、この商品は液体の中でも少し硬いです。なのでリムやタイヤに塗る際も「リムセメント」が垂れにくく塗りやすいからです。

そして「リムテープ」のお勧めはこれです。

MIYATA(ミヤタ)TTP-1 チューブラーリムテープ 16mm×20m

両方の商品を使ってきましたが両方とも普段から、毎日使っている場合は大丈夫ですが
レース用のホイールに使用される人が多いと思います。
レースも期間が空いた際には、ホイールの保管する環境で接着が弱くなっていることが多くあるので、レース前は「リムセメント」「リムテープ」に限らず必ずチェックしてください。

最後にちなみに僕は「リムテープ」派です。
理由は手が汚れないからです。笑

-機材・道具
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

暑い季節、アンダーウエアーは必要か?

最近は、全国的に気温も上昇してきました。 冬場の寒い季節は、路面が凍結している地域も大きあり、屋外でもトレーニングを行う際には注意が必要な時期もありました。逆にこれから本格的な夏場へ向けて気温がどんど …

レース前日の過ごし方。(ツール・ド・とちぎ編)

自転車選手に限らず、スポーツ選手は自分の住んでいる地域でレースや試合が行われない場合は、移動することになります。 その移動も海外遠征になると10時間以上の移動や、国内でも今回の場合は車移動でしたので約 …

ローラー台の最適な負荷は?(GTローラーを例に)

プロ選手・アマチュア選手問わず、レースを走られる方々は例外を除き大抵の場合は雨でもレースは行われます。 その様なことを考えると、もちろん雨の日にもトレーニング・練習を行った方がいいとも考えられます。そ …

脚の毛を処理する理由。(スタートオイル・アップオイル)とは?

これから自転車競技を始める選手や、自転車競技を最近始められた選手がビックリするポイントの1つに 自転車選手は「すね毛」(脚の毛)を処理していることに驚かれか方は多いのではないでしょうか? 僕が考える脚 …

僕にとって「SEV」とは?

「先日のレース」で落車した時に、自転車ロードバイクは無事でしたが、ヘルメットやシューズは破損し、またネックレスの「SEV」はどこかへ飛んで行ってしまいました。 破損してしまった、ヘルメットやシューズは …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

12人の購読者に加わりましょう