レースレポート

ツアーオブジャパン(第4ステージ)

投稿日:

日程   :2017/5/23
レース名 :ツアーオブジャパン(第4ステージ)
カテゴリー:UCI2.1
距離   :パレード4.0㎞ + 11.6㎞ + 21.3㎞ x 6周 = 139.4㎞
結果   :ステージ7位 総合69位
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第4ステージは岐阜県美濃市で行われました。最終ステージである東京ステージの次にフラット(平坦)コースとされているステージです。それでも今日、レースの獲得標高は「1218m」ありましたので、全く上りがないコースではありません。
選手間の中では今日は楽なコースと話していたので、「TOJ」(ツアーオブジャパン)がキツイコース・獲得標高の多いレースということがわかります。

僕自身は、第2ステージ(京都ステージ)での自分のミスから大きく身体にダメージを与えてしまいましたが、今日レースがスタートしゴールに近づくにつれてコンデションが戻ってきているのを確認できました。

今日のコースでは「KOM」(山岳ポイント)が設定されていましたので、そのポイントを更に加算したい選手(山岳賞)を含む2名のエスケープ(逃げ集団)ができたことにより、プロトン(メイン集団)のペースは落ち着いたペースでレースが進みました。
レースはエスケープ(逃げ集団)ができると基本的にプロトン(メイン集団)のペースが落ち、逃げ集団とのタイム差を調節します。その際にメイン集団と逃げ集団のタイム差が大きくなるとレース後半は一気にペースアップすことが予想されます。逆に、逃げ集団とのタイム差が小さいほどレース後半のペースアップは少なくなるのがわかってもらえると思います。
今日は、逃げ集団とメイン集団のタイム差が5分以上開いたときもありましたので、ラスト1周の上り坂はかなりペースが上がりました。
そこでも落ち着いて対応でき、集団ゴールへ向けてチームメイトに終始助けてもらいながら、最後スプリントをできる位置まで引き上げてもらうことができました。

結果は7位でしたが、コンデションが確実に戻ってきています。
しっかりチームとして結果を求めて残りのステージも走ります。

引き続き応援宜しくお願いします。

-レースレポート
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

「ツールド熊野」が始まっています。(プロローグ)

日程   :2017/6/1 レース名 :ツールド熊野(プロローグ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :700m(個人タイムトライアル) 結果   :ステージ10位 総合10位 ーーーーーーーーー …

ツールド熊野(第3ステージ)

日程   :2017/6/4 レース名 :ツールド熊野(第3ステージ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :10km×10LAPS 結果   :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「ツ …

第2回 JBCF まえばしクリテリウム

日程  :2017/9/23 レース名:第2回 JBCF まえばしクリテリウム 距離  :3.5km × 14周回=49km 結果  :優勝 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 群馬県前橋市内で …

ツールド北海道(第1/2/3ステージ)

日程   :2017/9/8 レース名 :ツールド北海道(第1ステージ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :156.7km 結果   :ステージ49位 総合49位 ーーーーーーーーーーーーーーーー …

国体にきています。

日程  :2017/10/2 レース名:国民体育大会 種目  :チームパーシュート(団体追い抜き) 距離  :4km 結果  :4位 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー (写真:シクロワイヤード …

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

11人の購読者に加わりましょう