レースレポート 思考・考え方

第2回 JBCF まえばしクリテリウム

投稿日:

日程  :2017/9/23
レース名:第2回 JBCF まえばしクリテリウム
距離  :3.5km × 14周回=49km
結果  :優勝
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
群馬県前橋市内でレースが行われました。レース前日に大阪から移動し、移動後にいつも通りチームメイトとトレーニングに出かけました。その際に少し今日のレースコースをチェックできましたが、改めてすごい交通量の多い道路を封鎖してレースを行うことができていることに驚きました。
今年で2回目のレース。去年は天候に恵まれなかったですが今年は天候にも恵まれ観客の多さにも驚かされました。
そんな中でのレースはどうしてもテンションが上がってしまいます。

レース前日、スタート直前まで入念なミーティングを行いエースを任せてもらいました。
今回のレースのチームメイトのリザルトを確認してみます。

(順位順)
*アイラン・フェルナンデス 選手 4位
*ホセ・ビセンテ 選手      17位
*土井雪広 選手         35位
*田窪賢次 選手         36位
*佐野淳哉 選手         38位
*安原大貴 選手         39位

このリザルトを見るだけでも僕の為にチームメイトが自分のリザルトを捨てて走ってくれているのがわかります。
自転車ロードレースは基本的にはチームから勝者をだすことが優先されます。それはチーム内で1番勝ちに近い選手をエースにすることで競われます。
今日は特にチームメイトのアシストを受け、最後のスプリントのみ自分の力を爆発させることに集中できました。
レース中は終始僕はチームメイトに守られ、自分以外のチームメイトが自分を犠牲にして走ってくれている姿はレース中でも、ありがたい気持ちはもちろんありますが、何より「責任」が生まれます。それが結果的に最大の力を発揮することができます。
僕自身がエースを任された際には、アシストされても・しても勝てないエースにはならないように普段のトレーニングから意識していることですが、何より場面・コース・体調などで変わるエースは、最低限今持っている最大限のパフォーマンスは出し切らないとアシストは納得してくれないと思います。
自分がアシストを任される際には、その日エースの選手に逆のことを感じてもらえるようなアシストを務めたいものです。

ロードレースのこのようなレース中に生まれる「責任」をも力に変え、明日もチーム一丸となって走ってきますので引き続き応援宜しくお願いします。

        

-レースレポート, 思考・考え方
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

柔軟性の必要性

2018年になり正式に「NIPPO-Vini Fantini-Europa Ovini」の選手の一員となりました。そして今はイタリアへきています。 イタリアでチーム発表を行った後に、スペインのカルぺま …

チーム合宿(2日目)

今回のチーム合宿では、「TOJ」(ツアーオブジャパン)を走る選手メインで行っています。 「TOJ」では全8ステージあります。その半分以上のステージが登りの多いステージの設定になっています。 僕自身で考 …

第16回 JBCF 石川サイクルロードレース

日程  :2017/7/16 レース名:第16回 JBCF 石川サイクルロードレース 距離  :パレード7km+13.7km×7周回=102.2km 結果  :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーー …

ツールド熊野(第3ステージ)

日程   :2017/6/4 レース名 :ツールド熊野(第3ステージ) カテゴリー:UCI2.2 距離   :10km×10LAPS 結果   :DNF ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「ツ …

今の実力を最大限レースで活かす為には

自転車ロードバイクで普段からトレーニングをされている選手や、特に普段のトレーニングも集団で走る環境があって走られている方は、人の後ろで走った際に前を走っている選手が風よけとなり少ない力で走ることができ …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

10人の購読者に加わりましょう