パワートレーニング・トレーニング方法

サイクルコンピューターの表示項目

投稿日:2017年3月15日 更新日:

自転車ロードバイクに取り付けて「パワー・速度(スピード)・回転数(ケイデンス)・走行距離・積算距離・心拍数」など他にも数多くの項目を、リアルタイムに測定し表示することが可能な機械が「サイクルコンピューター」です。

僕が高校生だった頃の「サイクルコンピューター」は表示される項目は決まっていましたが、今では「サイクルコンピューター」の液晶上に表示する項目数も自分でカスタムすることが可能になり、それだけでなく自分が必要としている項目のみを液晶上で表示させることも可能になってきている「サイクルコンピューター」が多くなってきています。

僕自身が実際に使っているのが、こちらのパイオニアの「サイクルコンピューター」です。

この「サイクルコンピューター」は「Wi-Fi」に接続させると自動で自分の走行データをアップロードすることができます。
なので僕自身の場合はトレーニングが終了し、家の「Wi-Fi」に接続し、すぐに自動でデータがアップロードされます。
更に「パイオニアのCyclo-Sphere」に走行データをアップロードし、コーチに僕のアカウント情報を伝えているので簡単で早く僕の走行データを解析してもらえます。

ここからは僕が走りながらどのような情報を必要としているかを紹介します。

ウォーミングアップ時はこちらの項目を見ながら行います。
(リアルパワー・ラップアベレージパワー・ラップタイム・5秒平均左右のペダリング効率・5秒平均ペダリング時のベクトル)
を表示させます。
僕自身が意識している「ペダリング効率」と「ベクトル」を表示させ、ウォーミングアップの時から高い「ペダリング効率」と無駄な方向の「ベクトル」をなくすことを意識します。

 

今までこの項目はインターバルトレーニング時のみ表示していたんですが、今ではこの項目をメインの表示として使用しています。
(ラップタイム・リアルパワー・5秒平均パワー・5秒平均ペダリング効率・ケイデンス・ラップアベレージパワー)を表示させ、常に「ペダリング効率」は意識し続けます。
またリアルパワーよりもレースやトレーニングでは3秒〜5秒平均パワーの表示を見ることが多いです。
その理由は、リアルパワーはペースによっては変動が激しいために、その時の色々な場面でも安定したパワーを確認する目的で僕は表示させています。

またチームメイトでも「サイクルコンピューター」の表示させている項目はバラバラです。
選手の脚質の違いで必要とする項目は違ってくるかもしれません。

-パワートレーニング・トレーニング方法
-, , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

レース前日の過ごし方。(ツール・ド・とちぎ編)

自転車選手に限らず、スポーツ選手は自分の住んでいる地域でレースや試合が行われない場合は、移動することになります。 その移動も海外遠征になると10時間以上の移動や、国内でも今回の場合は車移動でしたので約 …

「踏まずに回す」ペダリングとは?

僕たちが乗っている自転車ロードバイクはシューズとペダルが固定されています。それは写真のような「ビンディングシューズ」と「ビンディングペダル」を使用しているからです。 こちらが「ビンディングシューズ」で …

3本ローラーと固定ローラー

普段仕事をさせている方は仕事が終わってからトレーニングさせる方も多いと思います。その際は、日の入りしてしまっていることが多いので室内でトレーニングされている方が多いと思います。またプロ選手も気温や季節 …

「スプリンター」・「スプリント」のトレーニング方法。

自転車ロードレースのルールはすごくシンプルです。 レースによって各チームの出走人数は異なりますが、多い時では100人以上が一斉にスタートします。 距離の長いレースでは200Km先のゴールの着順で順位が …

回さず踏むペダリング(佐野淳哉 選手編)

僕自身が自転車に乗る時に1番強く意識していることは「踏まずに回すペダリング」をすることを意識して走っています。 僕自身の中で強く意識していてもそのような「ペダリング」ができているかはわかりませんが、そ …

人気記事一覧

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう